« 豚肉とピーマンの生姜炒め | トップページ | 鮭とカボチャのバルサミコ醤油炒め »

2009年4月 6日 (月)

酒粕料理で酔ってみる

S13_2

デイリーポータルZに記事が掲載されました。

今回は酒粕を食べてどの程度酔うのか検証しています。しかし、途中から酒粕だけではつらくなって酒粕料理でどの程度酔うのかに変更。最後は酒粕の旨さに負けて日本酒にはしりました。詳しくはこちらをどうぞ。

酒粕料理で酔ってみる

ちなみに今回作った酒粕料理は、甘酒、粕汁、キムチ酒粕、酒粕のせバケット、板粕カナッペ、イカの酒粕味噌和え、鮭の粕漬けの7品目。

まず甘酒。

S15

もち米を発酵させて作る方法ではなく、酒粕をお湯に溶かして砂糖と生姜で味付けています。オヤツ感覚の1品。

続いて粕汁。

S18

里芋、ニンジン、タマネギ、鮭の粕漬けを入れています。体が温まる1品。

続いてキムチ酒粕。

S21

酒粕の風味がキムチと合わさるとどうかと思って作ってみた1品。キムチの香りが強すぎて酒粕感はあまり感じなくなります。酒粕の柔らかさがちょっとモッツァレラチーズを思い起こさせますが、酒粕があってもなくても同じような感じで普通でした。

続いて酒粕のせバケット。

S22

これは厚めに切ったフランスパンにまずオリーブオイルを塗ります。そこに塩と黒胡椒を適量ふります。あとは酒粕を塗ってオーブンで焼くだけ。最後に小ネギをトッピング。酒粕が焦げやすいので、先に少しパンを焼いてから酒粕を塗り、それを焼いたほうが綺麗に仕上がるでしょう。

続いて板粕カナッペ。

S27

板粕を四角く切り分けてオーブンで焼きます。その上に明太子と鰹の酒盗を乗せて小ネギをの乗せています。思いつきで作った割にはとても美味しかった。焼いた板粕がしっとりとしたクラッカーのようです。ちょっとチーズ的な風味も出てきます。個人的には酒盗の方が酒向きで好きです。けど、味のバランスは明太子のほうがいいですね。

続いてイカの酒粕味噌和え。

S28

だしでのばした酒粕と同量ぐらいの味噌を入れ、そこへイカの刺身を混ぜ合わせています。生姜を入れてもよかったですね。粕汁を作る際に残っただしでのばした酒粕を流用。酒にとてもよく合う1品となりました。

最後は鮭の粕漬け。

S32

これは酒粕を買う度に作っているもの。酒粕3に対し味噌を1ぐらい混ぜてミリンと酒で柔らかくした粕床に魚の切り身を2、3日埋めておけば出来ます。焼いても汁物にしても美味しいです。


酒粕はまだ沢山残っているのでもうしばらく酒粕料理を楽しめます。他にも何か思いついたら新しい酒粕料理を作ってみます。

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします!
人気blogランキング
人気blogランキング
レシピブログ ランキング

|

« 豚肉とピーマンの生姜炒め | トップページ | 鮭とカボチャのバルサミコ醤油炒め »

コメント

今回のデイリーポータルの記事もすごく面白かったです。
紹介されていた料理を作ってみたくなりました。
次回の記事も楽しみにしています。

投稿: kenta | 2009年4月 6日 (月) 23時09分

うまそうじゃねえか。
特にカナッペとイカ。
酒粕あまってるんだったら、
ちょっと食わせろ。

投稿: ゆういちろう | 2009年4月 6日 (月) 23時23分

はじめまして。
千秋と申します。

いつもブログを楽しく拝見させて頂いております!
デイリーポータルの記事もすごくおもしろかったです!

私は、編集プロダクションで働いている者なのですが、実は今、出版社と弁当本の話を進めております。

そこで素敵な弁当ブログを書かれている吉成様に、ぜひこのブログの画像や吉成様のプロフィールなどを掲載させていただきたく、ご連絡させて頂きました。

連絡先がわからず、コメント欄でこんな唐突なお願いをしてしまい、申し訳ございません。(「コンタクト」欄のメールアドレスにつながりませんでした)

一度、詳しいお話をさせて頂きたいと思いますので、メールアドレスにご返信頂けると幸いです。

お忙しいとは思いますが、ご連絡 心よりお待ちしております。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: 千秋 | 2009年4月 7日 (火) 19時29分

今回も凝っていますねー。
時間かかっているだろうなと毎回感心させられます。
板粕でカナッペ作るのは驚きでした。

毎日のお弁当も色んな味付けや素材を使っているし
チャレンジ精神が旺盛だから色々考えられるんでしょうか?

あと写真の表情が地味に面白かったです(・∀・)ウハハ。

投稿: みふ | 2009年4月 8日 (水) 09時26分

kentaさん
コメントありがとうございます。粕漬けを除けばどれもそれほど手間のかかる物ではないので是非作ってみてください。酒粕もスーパーなどで入手可能です。
これからもよろしくお願いします。


ゆういちろうさん
コメントありがとうございます。では、何かの機会があった時に仕込みます。その時までお待ちください。


千秋さん
コメントありがとうございます。メールをお返ししたいのですが、アドレスが無かったので返すことができません。プロフィールのコンタクト欄にあるメールアドレスは変更していないので、そこにリンクされているアドレスで遅れるはずです。もう一度試してみてください。


みふさん
料理作るよりも測定している間が長かったです。時間をあけて測定するので、その間は料理を前にしてお預け状態。もっとも、飲んでいる時間が一番長かったかもしれません。その記憶は闇に消えました。酒を飲んでの記事は自分との戦いですね。

投稿: 吉成 | 2009年4月 8日 (水) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒粕料理で酔ってみる:

« 豚肉とピーマンの生姜炒め | トップページ | 鮭とカボチャのバルサミコ醤油炒め »