« 夏だ!燗酒を飲もう! (その2 燗酒大会前半編) | トップページ | 豚肉とジャガイモの黒酢炒め »

2008年8月 8日 (金)

夏だ!燗酒を飲もう! (その3 燗酒大会後半編)

夏だ!燗酒を飲もう! (その2 燗酒大会前半編)

真夏の燗酒大会も後半戦。このあたりで一度湯を沸かした鍋をカセットコンロから外してその状態で燗をつけつつ、空いたカセットコンロで調理を始めていました。

Dscn2067

鴨肉とネギ。塩コショウで味付け。琵琶の長寿(の燗)とよく合いました。

Dscn2073

ネギ焼き。鴨肉を炒めた後の油で焼いています。それだけでいい酒の肴に。既に家で飲んでいるのか、アウトドアで飲んでいるのかよく分からない状態。

ちなみに、この他に今回用意された酒の肴は・・・

Dscn2056
カッテージチーズの酒盗のせ。無濾過生原酒(の燗)との相性良し。

Dscn2057
アンダースー。沖縄の肉味噌(油味噌?)。野菜スティックにつけて食べます。どの酒とも旨く合う。

Dscn2058
定番。乾き物。期待を裏切らずに無難にどの酒とも渡り歩きます。

この他にも酒の肴は色々あって食べては飲み。飲んでは食べてを繰り返す。一応飲んだ酒の感想や肴との相性はこのようにメモしていました。

Dscn2103_2

1枚目はまだ読めるのですが、2枚目以降になるとグダグダで何かいてあるのか分かりません。酒飲みながらのメモなんてこんなもんでしょう。

Dscn2104
いったい何をメモしたかったんだ、俺!


やがて酔いも進みこんな酒が登場します。

Dscn2080
ポリフェノールたっぷり!

赤ワインです。

以前、何かの記事で読んだのか、誰かに聞いたのか。ヨーロッパの寒い地方などに行くとワインを温めてシナモンを入れて飲むそうです。具体的な作り方はわからなかったのですが、なんとなく赤ワインを用意。日本酒以外の燗酒にも挑戦です。

Dscn2083
まずはチロリに赤ワインを注ぎいれます。

Dscn2086
沸かした湯へ投入!

Dscn2087
シナモンを振り入れます。

こうして出来上がったものを飲んでみると特に違和感はありませんでした。もともとのワインがあまり渋みが無かったからというのがあるものの、柔らかい感じになったワインの渋みにシナモンの香りが加わり、お酒として飲むというよりコーヒーとか紅茶とかのような感覚で飲む飲み物になりました。普通に美味しい。ワインの燗、アリです。真夏にもOK。冬の方がより良いとは思います。

そして、続いてはこんな酒まで燗にしてしまいました。

Dscn2049
ビール冷えてます!

ビールです。

今から10年以上も前のこと。オーストラリアへ旅行に行った時の話です。確か現地のツアーに参加して途中のレストランでの昼食の時だったと思います。私の隣に個人で旅行にきている年配の女性の方が2人座っていました。専属のガイドをつけているようで、料理の注文など様々なことをガイドの方が対応していました。そして、ガイドの人が飲み物は何にするかと聞いたとき、一方の女性が耳を疑う注文をしたのです。

「私はいつもビールをお燗にして飲むの。お燗にしたビールはあるかしら?」

えっ?お燗?缶ビールを「お缶」と言っているのではないですよね。暖めたビールということですよね?そんな物飲む人いるのか?いや、その人が飲むのか。冗談?
と、頭の上には?マークがいっぱい。注文できるのか?そもそも味は?なんて思っていたのですが、私のバスの出発時間がきてしまい結局注文の結果を見届けることが出来なかったのです。

あれから10年以上。その間何度となく試そうとして試せなかった。それをとうとう試す日がやってきたのです。真夏に燗をしたビール。缶ビールだけに正に燗ビール!

10年以上の時を経て今挑戦です!

Dscn2075
まずはビールを注ぎいれます。このまま飲んだらキューっと旨いことでしょう。

Dscn2076
湯の中に投入。

Dscn2077
始めは凄く泡立ちましたがすぐに落ち着き泡が消えます。この時点でビールの香りが結構します。

Dscn2079
そして出来上がったのがこれ。

温度はあまり上げず、ぬる燗程度の温度としておきました。色はあまり変わりなし。注いだ際に泡はあまりたちません。そしていよいよ飲んでみます。

飲んでみると炭酸の爽やかさはかなりなくなっています。甘みが少し増していて苦味は弱め。代わりに麦とホップの香りがよく感じられます。悪くはありません。ビールと思わずこういう飲み物だと思えば十分飲める味です。他の参加者も悪くない、結構いけるとの評。燗ビール、アリです!

今となってよく考えてみると、あのぐらいの年代の方(かなり高齢の方に見えました)だと昔は各家庭に冷蔵庫なんてものはなく、店でも今のような業務用の冷蔵庫なんてそれほど無かったのかもしれません。となると、ビールは水で冷やすか常温。場合によっては結構暖かくなっていたのかもしれません。となるとビールを燗にするのもそれほど不自然さを感じなかったのではないかと推察します。ドイツなどでは常温で飲むビールも多いという話ですから、燗というのも一つの選択肢でしょう。

今後私は進んで燗にしたビールを飲むことはないでしょうが、例えば胃腸の弱い人など燗ビールもいいかもしれません。


という訳で真夏の燗酒大会も終盤。日もそろそろ傾いてきました。

Dscn2094_2

遠くではまだまだ騒ぎ足り無そうな若者たち。

Dscn2092

我々はそろそろ片付けタイムとなります。残った酒を一気に燗にします。

Dscn2089
もう温度なんか関係なし。暖めて飲む。ただそれだけです。面倒なんで瓶で直接。しかも入れっぱなし。酔うと人間は雑になる。けど、残さず全部飲み切りました。そういうところは細かい。


こうして真夏の燗酒大会は終了。開始前の予想とは逆に大変楽しく新しい試みのあるイベントとなったのです。終わってみて感じたことは酔うのも早いが覚めるのも早い。冷の場合と違って早いペースで飲んでしまう事が無く、猪口で少しずつ飲む為か量は結構飲んでいても深く酔うことはありませんでした。知らないうちに大量に汗をかいていて脱水症状など起こさないようにマメに水を飲んでいた為というのもあるかもしれません。

いずれにしろ、ちょうどよい加減の酔い具合。そして、沢山の道具を使わずともちょっとしたバーベキュー気分が味わえて楽しい夏のイベントでした。また来年も都合がつけば真夏の燗酒大会開催したいと思います。その前に普通に秋とか気候のもっといいときにお手軽アウトドアイベントとしてやるかもしれません。アウトドア燗酒いいです。

皆さんも冬だけと言わず是非夏も燗酒楽しんでみてください。意外な発見がありますよ!


Dscn2099
燗酒大会後、帰り道で銭湯に入って汗を流し、家に帰って冷えたビール。燗もいいけどやっぱり夏はこれも捨てがたい。

 

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします!
レシピブログ ランキング

人気blogランキング
人気blogランキング

|

« 夏だ!燗酒を飲もう! (その2 燗酒大会前半編) | トップページ | 豚肉とジャガイモの黒酢炒め »

コメント

ども~!レポートありがとう♪
いやぁホントに予想を裏切って楽しかった♪
「水・太陽・光」わかる気がする…
まぶしい夏の想い出です。

来年もやろうね!
残暑厳しいから今年もう1回やってもいいよ!

投稿: K女史 | 2008年8月 8日 (金) 22時35分

すごい。
なんでも燗ですね(笑)

私…じつはキンキンに冷えたビールよりも
生ぬるいくらいが好きです(笑)。
燗好きということで。

それにしても鴨ねぎ。
鴨好きとしては見逃せません!

投稿: kanappy | 2008年8月 8日 (金) 22時56分

あぁー、行けなくて残念。

真夏の燗にあう料理は多いみたいだね。
汗がひくというのも不思議。
とにかく面白そう!

真冬の冷酒は参加したくないけど、コレは参加したいなbottle

投稿: ygue | 2008年8月10日 (日) 21時03分

K女史
ホント、楽しかったですね。「水」、「太陽」、「光」。何の話をしていたときに書いたか不明です。来年も開催計画します。この夏の間にもう一度は・・・検討しておきます。


kanappyさん
私の場合、ビールの種類によってはキンキンよりも少しぬるいぐらいまで温度が上がった方がいいかなという物もあります。そういう物の時は時間をかけてゆっくりと飲みます。
鴨ネギ旨かったです。こんないい組合せを考えた人に感謝です。


ygueさん
例えば真冬の冷酒大会を雪山とかでやってしまうと命の危険が本当にありそうなのでそれはやらないでしょう。危険と隣り合わせということならば、「醗酵」と「腐る」は紙一重。色々醗酵食大会なんてのもアリではなかろうかと考えています。開催の際には連絡します。

投稿: 吉成 | 2008年8月11日 (月) 12時35分

どうもはじめまして。「デイリーポータルZ」さんの
記事からお邪魔しました。
夏のアウトドア燗酒、意外でしたが実に楽しそうで
羨ましいです。

錦糸町には「井のなか」と云う、燗酒を得意とする
知る人ぞ知る居酒屋があるそうですね。
これからは燗酒の時代が来るのでしょうか。
来なくても勝手に呑みますが。

投稿: Bun | 2008年8月14日 (木) 16時43分

コメントありがとうございます。やる前との想像とは違ってとても楽しいイベントでした。毎年恒例のイベントになりそうです。

錦糸町にはほとんど行ったことが無いため「井のなか」というお店は知りませんでした。情報ありがとうございます。興味深い店ですね。燗酒の時代が来るのはなかなか難しそうですが、燗酒の魅力がもっと広まると楽しいなあと思っています。

と、言いつつ。やはりこの時期はついつい冷えた酒に手が伸びています・・・
秋以降にもっと楽しみます。

投稿: 吉成 | 2008年8月14日 (木) 20時09分

 はじめまして.デイリーポータルZからとんできました.いつもコネタ道場の記事楽しく拝読しています.ドイツレポートなど、特に興味深かったです.

 暑いときに熱いものを食べるのは気もちのよいものですが、燗酒にまでは考えがおよびませんでした.今夏のうちにまねっこします.

 日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」初代は、お腹がよわいのでビールはいつも燗して飲むと、著書に記していらっしゃいました.味のほうはどうなんだろうと想像していました.アリですか.これも試してみなくてはと思いました.

投稿: あららぎるるる★ | 2008年8月15日 (金) 01時08分

コメントありがとうございます。ジャーマンポテトのネタも楽しんでもらえて光栄です。

「たいめいけん」初代の話、大変興味深いです。実際に通常から燗ビールをする方がいたのですね。調べてみると海外に限らず国内でも燗向けに作られた地ビールがあるようで、非常に少数派ではありますが燗ビールは楽しまれているようです。

ちなみに、私が燗にしたエビスビールではヌル燗ぐらいで燗をつけています。あまり温度を上げすぎると酸味が強くなってくるのでヌル燗ぐらいが丁度いいようです。ビールの種類によっても燗をつける温度は違うようですが、流石に色々試すのはどうしようか悩んでいます。

投稿: 吉成 | 2008年8月15日 (金) 12時55分

なんと!行きたかった!!!K女史とはKGM女史ですな!

投稿: F | 2014年6月 5日 (木) 10時54分

Fさん、今年はやりますよ!

投稿: 吉成 | 2014年6月14日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107612/42100001

この記事へのトラックバック一覧です: 夏だ!燗酒を飲もう! (その3 燗酒大会後半編):

« 夏だ!燗酒を飲もう! (その2 燗酒大会前半編) | トップページ | 豚肉とジャガイモの黒酢炒め »