« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

イカとアスパラガス

イカとアスパラガス

今日はイカとアスパラガスの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、柚子コショウ。それほど辛いわけではないですが、柚子コショウを使うと、鼻に抜けるような感じの風味がいい感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

牛肉とインゲン

牛肉とインゲン

今日は牛肉とインゲンのケチャップ醤油炒め、玉子焼き、ほうれん草。味付けはケチャップ、醤油、ミリン、酒。牛肉をニンニクと一緒に炒めところに醤油、ミリン、酒を入れます。そこへ下茹でしたインゲンとニンジンを入れて軽く炒めたところにケチャップを投入。全体に絡めるように炒めたら出来上がり。ケチャップを醤油より少し多い目にしたほうが甘辛くていいです。ニンニクと炒めず、あらかじめニンニクを漬けた醤油を使ってもいいですが、どちらもニンニクが多過ぎると香りが強くなり弁当向きません。美味しいんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

韓国海苔巻きとタイ焼そば

今日の午前中は、新宿の職安通り沿いにある医療機関で健康診断でした。健康状態全く問題なし。いや、やや以前よりも肝機能の低下が見られるか?けど、問題の無いレベル。それにしても、バリウムというのはもう少しなんとかならないもんでしょうか。薬でももう少し口の中に入れる感がありますが、とても人工的な口当たりと味がどうにもこうにも気持ち悪い。しかもグルグル回されるし。辛いです。

それで、今日は弁当を持ってくるわけにもいかなかったので、職場へ戻る帰り道に弁当を購入。職安通りから大久保にかけてはコリアンタウンなので、韓国料理屋が多数あります。というわけで、店先で売っていた韓国海苔巻きを買ってみました。「キムパブ」というようです。中にはキュウリ、たくあん、カニかま、ハム(?)、大根(?)、ニンジンなどが巻かれていました。ご飯は酢飯ではなく、ごま油風味。海苔も多分韓国海苔だと思います。日本の太巻きよりかはやや小ぶり。ゴマの風味がなかなか美味しかったです。

それともう一つ。朝飯無しで腹減っていたので、職場へ向かう途中のタイ料理屋の前で売っていたタイ焼そばも購入。「クイティオ・パッタイ」とか言うようです。モヤシや桜海老、ニラ、ナッツなどが入っていました。そしてなぜか、たくあんも。平たい麺にナンプラーの風味が桜海老やナッツ、たくあんなどと合っていて、こちらもなかなか美味しかったです。まあ、欲を言えば入れ物が紙の容器ということでしょうか。ちょっと紙の香りがするのが気になります。買ってくる弁当だからしょうがないですね。

あと、バリウム飲んだので、エビアン1リットル。そして、買ってくる弁当なんで、野菜不足解消に充実野菜。韓国、タイ、フランス(エビアン)、そして日本(充実野菜?)。多国籍な昼ごはんでした。

D1000015_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

鳥肉と米茄子の辛味噌炒め

鳥肉と米茄子の辛味噌炒め

今日は鳥肉と米茄子の辛味噌炒め、玉子焼き、ほうれん草。味噌、酒、ミリン、砂糖、トウバンジャンに醤油をほんの少し入れて味付けです。炒め過ぎたか茄子の色がちょっと悪くなってしまいました。油通しすれば違うかと思いますが、なかなか家庭だと出来ません。
ところで、米茄子は中国で原産で、アメリカに渡り、改良されてから日本に入ってきたので米茄子と言うらしいです。「アメリカン茄子」なんて名付けられずによかったですね。米茄子の米がアメリカというのも意外ではありますが、もうちょっと何かなかったのだろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

豚肉とジャガ芋

豚肉とジャガ芋

今日は豚肉とジャガ芋の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、一味唐辛子。キンピラ風です。
今週水曜は健康診断。いままで全く異常なしの診断だったこの体。そろそろお年頃なので何か出てくるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

やばいカレー

昨夜も大塚にある「二代目帝都軒」に出没していました。
昨夜は裏メニューの「やばいカレー」を注文。裏メニューなのでいつもはありません。限定10食なのでもうないかと思っていたら、滑り込みでラスト1食を注文できました。お店で牛バラ肉のトマト煮込みに使っている牛バラ肉を使ったビーフカレーです。いや、本当に美味かったです。ビーフシチューのような味わいに、ブロッコリーがなんともいいアクセントになっていて、一気食いでした。一応中華のお店なんですが、なぜかこういうメニューもありな不思議な店です。

D1000012

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

イカのコチュジャン煮と志太泉

イカのコチュジャン煮と志太泉

今夜は明日出掛けるので更に飲みに出掛けず家で飲んでます。晩飯で既に夫婦でワインを空けてますが、私は更に飲酒。今夜は晩ご飯に作ったイカと大根のコチュジャン煮と静岡の酒。志太泉純米吟醸焼津酒米研究会山田錦です。甘い米の味のするいい酒です。コチュジャンの辛みになんともよく合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地で昼ご飯

築地で昼ご飯

今日は私用で仕事お休み。昼前には用事も終わったので、妻と待ち合わせ昼ご飯を一緒に食べました。場所は築地近く。築地だったらヤッパリ魚でしょうということで、魚のおろし煮定食。魚は甘鯛です。衣の着いた甘鯛と豆腐が、大根おろしの入ったツユに入ってます。揚げ出しですね。お酒の欲しくなる食事でしたが、妻は仕事中なので自粛。
本当は日替わりの刺身の定食がよかったのですが、時間が遅かったので終わっていました。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

レフブロンド

レフブロンド

明日は私用で仕事お休みなので、今夜は平日ですが家で軽く一杯。自家製のピクルスとベルギービール。レフのブロンドです。
グラスはレフの専用グラス。ベルギービールは各銘柄ごとに専用グラスがあります。我が家にはこのレフと、ウエストマール、ヒューガルテンの三つがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビウオの竜田揚げ

トビウオの竜田揚げ

今日はトビウオの竜田揚げ、玉子焼き、ほうれん草。安く売っていたのでトビウオを使ってみました。煮付けでもいいかと思いましたが、気まぐれで普段滅多にやらない揚げ物を朝からやってしまいました。一度片栗粉をつけて揚げたあと、タレをかける代わりに柚ポンズを入れたフライパンで炒めてます。淡泊な味の魚のようで、柚ポンズの味が勝ってしまいました。

明日は私用で仕事お休みなので、弁当もお休みです。妻も外で食べるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

鮭とピーマン

鮭とピーマン

今日は鮭とピーマンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、バター、コショウ、酒。鮭→北海道→バターという適当な発想からバター醤油で味付け。ピーマンよりジャガ芋だったか?
どちらかと言えば、暖かい南の方が好きですが、梅雨空を見ていると、梅雨の無い北海道はいいなあと思う。けど、まだ行ったことがない・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

鳥肉と大根

鳥肉と大根

今日は鳥肉と大根の煮物、玉子焼き、ほうれん草。鳥肉(モモ肉)、大根、ニンジンをオリーブオイルと胡麻油で炒め、鰹ダシ、醤油、酒、ミリン、砂糖で煮ています。味の引き締めに塩と一味唐辛子も一つまみづつ投入。ちょっと濃い目の煮物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

豚肉と舞茸

豚肉と舞茸

今日は豚肉と舞茸の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、おろし生姜で生姜炒め。定番味付けで一週間をスタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

江戸前餃子と東京の酒

江戸前餃子と東京の酒

昨夜は山手線の大塚駅からしばらく行ったところにある中華のお店。「二代目帝都軒」にて江戸前餃子で東京の日本酒を楽しみました。東京のお酒としては、あきる野の喜正、北区の丸真正宗、奥多摩は沢井の澤乃井を用意。お店のご好意でお酒は持ち込みです。
江戸前餃子は、お店の大将が図書館でマイクロフィルムに残された江戸時代の餃子のレシピを再現したものです。ニンニクは使われていません。また、当時はハウス栽培なども無いため、季節によって具も若干違うそうです。

このほか、写真にはありませんが、ワールカップチャーハンなるものも頂きました。どのあたりがワールドカップかやや不明でしたが、ソーセージを使っているあたりがドイツ?なのか。それとも刺してあった旗だけ?そんなことはないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ブラウマイスター

ブラウマイスター

明日は昼から用事があって、夜は激しく飲みそうなので、今日は静かに家で飲んでます。
まずはビール。キリンのブラウマイスター。久しく飲んでいなかったのですが、改めて飲むと、麦芽の香りと後に広がる苦みがとてもいいです。我が家はハートランドビールをいつもケース買いですが、一度これに変えてもいいかなあなんて思います。ツマミは先日漬けたピクルス。いい感じに漬かっていました。ビールに最適です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鳥肉と白瓜

鳥肉と白瓜

今日は鳥肉と白瓜の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けはオイスターソース、スイートチリソース、醤油、酒。
初めて白うりを使ってみました。酢の物や漬物にすることが多い白瓜ですが、思いつきで炒め物に。実の固さは冬瓜でしたが、香りはキュウリだったので、エスニック風にスイートチリソースで辛味をつける。パリッとした食感と、キュウリのような香りがスイートチリソースの風味によく合ってなかなかいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

鱈と大豆

鱈と大豆

今日は鱈と大豆のラー油醤油合え、ヒジキの煮物、玉子焼き、ほうれん草。鱈とニンジンを茹でて大豆の水煮と合わせます。そこに醤油、ラー油、、胡麻油、お酢を合わせたタレをかけて混ぜ合わせ、暫く置いておけば出来上がり。鱈と大豆で高蛋白なメニュー。ラー油や胡麻油は少しだけなんで低脂肪でもあるかな。
ヒジキは妻調理。薩摩揚げ入りで美味しいです。

どうやら今夜あたりにやるネットテレビのGyaoのネットニュースでこのblogが紹介されるようです。どんな感じで紹介されるかは現時点で不明です。

(追記:2006年6月16日)
紹介された画像は、16日までは以下の「ニュースビジネス 1ch」にて見ることができます。

http://www.gyao.jp/news/

16日以降は、「ニュースGyaOアーカイブ〔NET〕」にて、最低1週間は見れるそうです。

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001526/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

豚肉とチンゲンサイ

豚肉とチンゲンサイ

今日は豚肉とチンゲンサイの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、コチュジャン。トウバンジャンを使うよりちょっと甘味のある辛さです。
昨夜はかつて勤めていた会社の同期と飲むことになる。かなり飲んで深夜の帰宅。しかし、朝はきっちりいつもの時間に起床。眠い。やはり平日はあまり飲むもんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

鳥肉と野菜のカレー風味

鳥肉と野菜のカレー風味

今日は鳥肉と野菜のカレー炒め、玉子焼き、ほうれん草。味付けはオイスターソース、カレー粉に醤油、酒、一味唐辛子を少し入れてます。野菜はアスパラ、セロリ、ニンジン、玉葱。下茹でしてます。
冷蔵庫の隅で少しづつ寝ていた野菜の救済メニュー。集めてスパイス入れて炒めればなんとかなるメニューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

豚肉とインゲン

豚肉とインゲン

今日は豚肉とインゲンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、おろし生姜で生姜炒め。
簡単、美味しい生姜炒め。味付けに迷ったら、これで大体OK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

新たな野望?

先日、職場の机の引き出しに入れているお菓子を充実させるべく、コンビニでお菓子を購入しました。新作は何かないかと思って見ていたのですが、特に惹かれる物はなし。こんなときは、ガタが出始めてくるオヤジの体に一袋で乳酸菌1億個!ということでビスコを購入。それで、早速食べて箱の後ろを見ると、「ビスコトバ」なるものが書いてあり、なぜかモールス信号で伝えてみようということで、「歯みがいた?」と言う言葉が歯磨き粉でモールス信号になっていました。

モールス信号はトン、ツーの単音と長音で文章をやり取りする通信手段です。有名な所で「・・・ --- ・・・」。SOSですね。このSOSの信号はタイタニック号から世界で初めて打電されたそうです。ついでに、エジソンはモールス信号使ってプロポーズしたとか。トリビアです。

けど、なぜビスコの箱にモールス信号なんでしょう?このモールス信号は、通信機の構造がとても簡単で、近年まで使われていたようですが、最近ではほとんど見ることはないようです。一応、通信士だったか、無線士の試験科目にはモールス信号の実技がまだ残っているのだったかな?まあ、とにかく古い通信手段と言えるでしょう。

それをなぜビスコのパッケージに?江崎グリコはモールス信号を再度普及させたいとか?基本的にビスコは子供のお菓子という位置付けでしょうから、子供のときからモールス信号普及?以前にも、江崎グリコの世界制覇の野望について書きましたが、これは新たな野望?もしその野望(そんなものもちろん無いでしょうが)が成功したら、10数年後にはギャル文字メールならぬ、モールスメールが流行るかもしれません

例えば、「マジ、ヤバくない」が

「-・・- --・-・ ・・ ・-- -・・・ ・・ ・・・- ・-・ ・-」

「ありえないんだけど」が

「--・-- --・ -・--- ・-・ ・- ・-・-・ -・ ・・ -・-- ・・-・・ ・・」

みたいな感じです。2つのボタン。または一つのボタンの長押、短押で文章作れるから意外とロシア文字やギリシャ文字とか使って打つのに比べりゃ早いかもしれません。どっちにしろ読めませんが。ちなみに、モールス信号の変換にはこちらのページを利用しました。

モールス信号変換機

D1000170

| | コメント (6) | トラックバック (0)

沖縄料理

昨夜は沖縄料理居酒屋「かちゃーしー 新宿店」に行ってきました。
豆腐よう、ゴーヤチャンプルー、クブイリチー、島らっきょう、ソーミンチャンプルー、ポークイリチー、じーまみ豆腐、アンダースーとニンニク焼き、あと何を食べたかな?
酒はオリオン生ビール、残波、宮乃鶴・・・また飲みすぎました・・・
料理が泡盛に合うんですよねー。やっぱり沖縄料理には泡盛ですね。

D1000174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

煎りシラスとアスパラ

煎りシラスとアスパラ

今夜(昨夜?)は家の近くで飲んでいまして、帰って来て追い飲みです。
酒の肴は、シラスを煎って茹でたアスパラに乗せています。その上から調味料として煎酒かけてます。家にあった物をそれらしく混ぜてみました。けど、シラスの磯の香りにアスパラの甘さ。そこに煎酒のダシ香りが重なってかなりいいです。成功でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

サワラと舞茸

サワラと舞茸

今日はサワラと舞茸の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、ゆず胡椒。衣はつけていないサワラと、下茹でしたニンジン、サッと熱湯に通した舞茸を炒め、最後に合わせた調味料を加えて炒めれば出来上がり。
ゆず胡椒消費メニュー。大体無くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

すいか大好き!!

スイカを食べました。貰い物ですが。スイカを食べると、なんとなく夏のような感じます。あの独特の香りが、強い日差しが照りつけ、夏休みで人の気配があまりしない静かな住宅街。又は、蝉の声ぐらいしか聞こえない山や林の中などを思い出させます。
しかし、関東は明日にも梅雨入りという天気。現実にはまだまったく夏ではありません


それで、以前ちょっと気になることがあってスイカについて検索したことがあるのですが、そのとき四角とか三角のスイカが楽天で売られているのをみかけました。

果物の郷 おくむら

香川県善通寺市のJA善通寺で出荷しているもののようです。なんとお値段12000円。しかも観賞用です。
海外からの注文もあるそうですが、見て楽しむだけのスイカに1万以上はちょっと手が出ません。スイカ好きの私としては食べて楽しむスイカだったら1万以上出しても・・・いや、出せないか。それなら、運動して汗をかき、喉が渇いたところに、なんでもいいから冷えたスイカでしょうか。お腹が空いているときはなんでも美味しいみたいなもんです。


そのほかにも、検索をしていたらスイカとメロンについて詳しく出ているサイトに行き当たりました。萩原農場というスイカとメロンの品種育成と栽培技術研究を行っている種苗会社のページです。

萩原農場のスイカとメロンのホームページ

ここのページ。スイカの品種やスイカの皮を使った料理のレシピなど、スイカにまつわることが色々出ていて結構タメになります。

しかし、このページで一番気になったのは「すいか大好き!!」の歌。この歌の歌詞では、スイカが大好きでまるごと全部たべちゃいたいと歌っているのですが、そのあとに、でもタネは食べてはダメだ。おしりから芽がでてしまうからと歌っています。
子供の頃スイカの種を一緒に食べてしまうと腹の中で芽がでて、やがてスイカになって腹がハジけるなんて言ったものですが、もちろんそんなことになんかなりません。とても体内は発芽して成長できるような環境とは思えないし、発芽前に排出されるでしょう。子供向けとは言え「お魚天国」のように頭が良くなるとか、もっとプラスイメージの歌にしたほうがいいのでは?思う歌詞でした。ちなみに、2番の歌詞では食べ過ぎてはダメだ、お腹がゴロゴロするぞと歌われています。うーん、今時ならば、いっぱい食べてデトックス!なんて歌詞にしてはどうでしょう?子供には分かりにくいか。

試聴も可能のようなので、興味のあるかたは聞いてみてください。

すいかのたのし~うた 「すいか大好き!!」


D1000171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉とカブ

豚肉とカブ

ココログがメンテナンス中だったのでやっと弁当映像アップ。

今日は豚肉とカブの炒め物、玉子焼き、ブロッコリー。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、ラー油。大根のように見えますが、カブです。炒める前に下茹でしてあります。大根よりかは柔らかいので、あまりしっかり下茹ですると炒める時に崩れます。芯が残る程度に茹でて炒めながら仕上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

チリコンカン風

チリコンカン風

今日は鳥肉と大豆のトマト煮込み、玉子焼き、ほうれん草。
メキシコ料理のチリコンカン(チリコンカルネ?)風です。鳥肉、ニンジン、セロリを炒め、そこへトマトの水煮缶、大豆の水煮を入れます。味付けは塩、胡椒、タバスコ。本来ならニンニクや玉葱を入れて、鷹の爪、チリパウダーやクローブなどを入れますが、タバスコで簡単に。鳥肉ではなく牛や豚の挽き肉を使う場合が多いようです。
セロリやニンジンは昨日漬けたピクルスの残り。来週末には食べれるようになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

鯖味噌とレンコンキンピラ

鯖味噌とレンコンキンピラ

今日は鯖の味噌煮、レンコンキンピラ、玉子焼き、ほうれん草。純和風、定番メニューで揃えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

牛肉と小松菜

牛肉と小松菜

今日は牛肉と小松菜の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは、残っていた焼き肉のタレへ醤油と一味唐辛子を少し足してかけています。タレそのままでもいいのですが、少し辛さを追加です。
「濃縮!親父弁当」に5月16日から先週金曜までの弁当映像をまとめてみました。あと、過去に書いた小ネタのリストも載せてあります。右上のほうのリンクからどうぞ。詳細レシピは相変わらず進まず・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

ほうば寿司

ほうば寿司

岐阜に住む伯母から手作りのほうば寿司が届きました。鱒と山菜が入っています。ほうばの香りと山菜の素朴な味わいがとても美味しく、すぐに食べ切ってしまいます。今回はあと一回分ぐらいは残りました。明日の晩御飯のお楽しみです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

土曜の昼ご飯

土曜の昼ご飯

今日の昼ご飯には、コメント頂いたMs.チャリ通勤さんオススメのマヨネーズとゆず胡椒を混ぜたソースを試してみました。蒸したじゃがいも、ニンジン、ブロッコリーにつけて食べてみましたが、じゃがいもやニンジンの甘さとよく合ってとても美味しかったです。我が家の定番となりそうです。
あと、今日の昼ご飯は、シメジとインゲンのシーチキンパスタ。妻が調理。オリーブとケッパーが入っていました。美味しい土曜の昼ご飯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生春巻きとベルギービール

生春巻きとベルギービール

昨夜(今夜?)は板橋の小竹向原。有楽町線の小竹向原駅から歩いて7、8分ほどの住宅街の中に突如現れるベルギービールのお店。「ma-ru」に行ってきました。ここは、エッ!こんなところに!と言うぐらいの住宅街の中にあり、それでいて驚くほどの多彩なベルギービールと美味しい料理。今日はヒュガルテンホワイトの生とデュペル。あと何のフランボワーズだったかな?沢山飲んでしまいました。料理は・・・えーっと、トマトソースのカッペリーネ、ゴーヤチャンプルー、タコのマリネに、あと何を食べたかな?すいません、一気に食べてしまい記憶が。写真は生春巻きです。我が家で宴会するとき時々生春巻きを作るのですが、ここのお店のソースをパクってます。美味しいです。ヨーグルトとエスニックな辛みが絶妙です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

鳥肉と大豆

鳥肉と大豆

今日は鳥肉と大豆のタバスコソース合え、ゆで卵、ほうれん草。蒸した鶏ムネ肉と水煮大豆にオリーブオイル、バルサミコ酢、塩、胡椒、タバスコを合わせたソースをかけて混ぜ合わせれば出来上がり。少しづつ残っていたアスパラ、ニンジン、玉葱も茹でて入れています。蒸鶏と大豆なので、多分高タンパク、低脂肪だと思います。タバスコの風味とバルサミコ酢の甘酸っぱさが効いたメキシカンなメニューです。ダイエットメニューにもなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

鳥肉とゴーヤ

鳥肉とゴーヤ

今日は鳥肉とゴーヤの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。オイスターソース、スイートチリソース、酒、醤油で味付け。
ゴーヤは苦くて苦手だという人に対し、沖縄だったか、鹿児島だったか、どちらか忘れましたが、××の方のゴーヤはあまり苦くないから大丈夫と言っているのを時々聞きます。今日のはどちらだったかな?どちら産のものも食べたことはりますが、あまり変わりはないような。そこのところどうなんでしょう?にが瓜というだけあって、わたの部分をよくとる、塩でもむなど下処理をても、確かに苦みは弱くなりますが、苦いものは苦いと思います。けど、その苦みがいいんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »