« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ハタハタの煮付け

今日はハタハタの煮付け、玉子焼き、ほうれん草。昨日、ハタハタが安く売っていたので、鍋にでもしようかと購入。鍋は美味かったのですが、かなり生のままで残ったので、煮付けにして弁当に入れてみました。美味しいですが、かなり柔らかく煮えるので弁当向きではないですね。
何か謎の物体がミッチリ詰まった弁当になってしまった。ちなみに、本日妻は弁当なしの日だったので一人分。d1000185.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

鳥肉と舞茸

今日は鳥肉と舞茸の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは、醤油、酒、ミリン、砂糖、おろし生姜。困った時の生姜炒め。美味しく、簡単、お手軽です。d1000184.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

中華街

今日は横浜中華街で仲間と激しく飲食、飲酒でした。やっばり中華は大勢で食べるのが美味しいですね。海鮮硬焼きそば、蟹爪、フカヒレスープ。どれも美味しかったです。
ちなみに、行った店は「保昌」という、かなり人気のあるお店でした。行った仲間が知り合いらしいのですが、毎度新しいメニューで楽しませて頂いて有り難く思っております。d1000183.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ヨガ体験

昨日、ヨガの体験レッスンを受けてきました。私ももうすぐ34歳。そろそろアンチエイジングなんて考えるお年頃。いや、普段走るとか、筋トレとか、体は日々鍛えています。これでも高校時代は少林寺拳法。大学ではプロボクサーでもありました。スポーツにおいて柔軟性は、可動域を広げて動きを良くするため、また怪我の予防にもなるので、柔軟体操はよくやっていました。もともと子供の頃から体は柔らかい方でしたが、一応今でもトレーニングの前後に柔軟をやっているので、前後に全開近く開脚は出来るし、写真ぐらいのポーズもなんとか出来ます。

D1000182

ところが、最近はヨガが流行っていて、テレビや雑誌などでヨガのポーズをしているシーンを見かけるなか、あのポーズに挑戦してみたがどうやっても無理。頭の後ろで手を組んで、横から持ってきた足の先を肘にひっかけるポーズです。ハトのポーズと言うようですね。

Yokoのヨガ ポーズ動画ブログ ハトのポーズ

と、いうわけで「このポーズが出来るようになったら、なんとなく嬉しいかなあ」という、どーでもいい理由と興味でヨガの体験レッスンに行ってみようと考える。そして、何処に行こうかネットで探し、職場や駅から近そうなここを選択して行ってみました。


深堀ヨガスクール

ヨガも色々あるようですが、私の行った教室ではブリーズィングヨガというヨガをやっていました。ブリーズィングヨガというのがどういうものかというのは、このページにも書かれていますが、ハタ・ヨガ(美と健康を追求するヨガ)というものが基本となっていて、現代人の呼吸の乱れ(浅い、不規則、口呼吸、etc.)に特に注目してあえて呼吸に意識を向けて行うヨガなんだそうです。確かに、ポーズをとるときに腹式呼吸を何度もしました。自律神経の働きを整えるとか、血液の質を高め、循環を良くし自然治癒力を高めるなど、色々効果はありまして、詳しくは上のページで読んでください。


それで、やってみた感想ですが、予想以上に結構キツイ。ポーズを維持して呼吸をするのは思っていた以上に大変でした。無理せず、出来る範囲で行うので特に問題はないのですが、効きますね。なめてかかっていましたが、甘くはないようです。普段運動してない人はかなりダイエット効果があるのではないでしょうか。けど、体を伸ばし、深く呼吸をするので終わった後はなんとなくスッキリした感じ。なかなかいいですね。しばらくやってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

ブリと野菜和え物

今日はブリと野菜の和え物、玉子焼き、ほうれん草。
ブリを焼いて切り分け、茹でた野菜と合わせ、醤油、砂糖、ラー油、胡椒を合わせたタレをかけて混ぜ合わせてます。野菜は冷蔵庫にちょっとずつ余っていた、ゴボウ、ピーマン、シメジ、ニンジンを使用。これにキクラゲやハルサメとかが入ると中華和えかな。あっ、お酢を入れてもよかったか。忘れてた。d1000178.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

牛肉味噌

今日はピーマンの牛肉味噌かけ、玉子焼き、ほうれん草。
牛肉を炒め、味噌大サジ3、酒大サジ2、砂糖大サジ2、醤油小サジ2ぐらいに生姜の搾り汁を入れて更に炒めます。それを茹でたピーマンとニンジンにかけました。弁当用なので、かけただけでなく混ぜ合わせてます。調味料の配分は例の如く目分量なので、お好みでどうぞ。d1000177.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

鳥カボチャ

今日は鳥肉とカボチャの煮物、玉子焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリン、砂糖に塩一つまみ。一味唐辛子もちょっと入れてます。妻の好物の一つです。d1000176.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

ブリの煮付け

今日はブリの煮付け、ニンジンとジャガ芋のゴマ酢合え、玉子焼き、ほうれん草。
ニンジンとジャガ芋のゴマ酢合えは、ジャガ芋を蒸して潰します。ニンジンは、細切りにして塩で揉んで水気を絞ります。これを合わせて、酢小サジ1.5から2ぐらい、砂糖小サジ1、塩少々。あとゴマを入れて混ぜ合わせれば出来上がり。
調味料の分量は、目分量でこのぐらいだろうという量なんで、お好みでどうぞ。d1000174.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

温泉パン

先日書きました喜連川温泉名物「温泉パン」。渋谷の東急あたりで売っているとの情報を頂いていたのですが、渋谷には滅多に行かないので池袋で捜索。そうしたら、西武百貨店の地下。「THE GARDEN」で発見しました。売っていたのは、元祖と書かれたプレーンタイプのみでしたが、もちろん即購入。3個入りで340円。割りと普通の値段です。
妻と二人で、一つはそのまま、残り二つは電子レンジで少し暖めて食べました。そのままでも美味しいのですが、ちょっと堅いので、やはり暖めて食べるのが美味しいです。きめ細かい生地がしっとりと柔らかく。それでいて食べごたえあり。パン独特の甘みが程よく伝わってきます。ぜひ他の種類も試してみたいですね。

それで、この「温泉パン」の包みの後ろには「お好みで次のような方法でお召し上がりいただくと、また思わぬ味が楽しめます」と書いてあり、4つの方法が書いてありました。こんな方法です。

一、レンジで暖めると旨い。
一、スライスしてオーブンで焼くと香ばしく旨い。
一、ミルクに浸すと不思議と旨い。
一、もちろん、そのままでも十二分に旨い。

お好みでと控えめに言う割りには、「旨い」と言い切る自信に満ち溢れた食べ方の説明。4番目は思わぬというのか、そのままだ!と、読んでいて突っ込みを入れてしまいます。けど、本当に旨い!見つけ方はぜひ食べてみてください。
D1000173

| | コメント (3) | トラックバック (0)

豚肉とゴボウのトマト煮

今日は豚肉とゴボウのトマト煮、玉子焼き、ほうれん草。
豚肉と水にさらしたゴボウ、ニンジンを炒めます。そこへトマトの水煮缶、水、固形コンソメ、塩、胡椒を入れて暫く煮て出来上がり。ニンニクを使うとより美味しいのですが、弁当用なんで使用せず。唐辛子入れてもいいですね。d1000172.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

おもいやり牛乳

以前、コメントを頂いたイデミさんよりお薦めされた「おもいやり牛乳」を飲んでみました。720ml入りの瓶を893円で購入。結構驚きな価格でしたが、味も相応に驚きです。甘いのです。もちろん砂糖も何も入っていないのに、明らかに甘い。ミルクアイスを食べて入る感じです。お薦めの通り、サラッとして優しい味でした。もはや牛乳とは違うものと言いたいところですが、無殺菌のこの牛乳の方が牛乳本来の味なのでしょう。とても美味しいです。

けど、正直言いまして、普段飲む牛乳とはちょっと味が違い過ぎるので、これはこれで美味しいけれども、私の好みとしては「木次パスチャライズ牛乳(1L)の方がいいかな。値段もありますが・・・

D1000171

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

温泉、頭脳、かに

先日知ったのですが、栃木県喜連川温泉で売っている「温泉パン」というパンが最近人気があるのだそうです。

レンジでチンしてもっちもち! 「温泉パン」

このパンは通販でも買えて、3個入りで346円から。味の種類はレーズン、ごま、いちじく、オレンジ、抹茶あずきなど全部で17種類もあるそうです。かなり食べ応えがあり、素朴な味わいは噛めば噛むほど甘みが出てかなり美味しいらしい。更に、ラップをかけ、2、30秒ほど電子レンジに入れると、弾力のあるもちもちパンになるのだとか。食べてみたいですね。ネット限定で売っているチョコロールもおいしそうです。
ちなみに、このパンは温泉のお湯を使って練ったとか、温泉の蒸気で蒸したとかなどはしておらず、温泉はまったく使用していないそうです。単に20年くらい前、町の事業で温泉が湧き出た湧出記念として「温泉パン」と命名。関係あるような無い様な。まあ、とりあえず食べてみたいですね。

合資会社 旭堂 「温泉パン」


そういえば、食べてみたいといえば、時々スーパーで見かける「頭脳パン」。その名前が目に付いて、一度食べてみたいなあと思っていたのですが、今日初めて食べました。ココア味です。「ココア生地にピーナツ顆粒でカリカリ食感が味わえるチョコクリームをサンド」と書いてありましたが、チョコというよりココアクリームと言ったほうがいい感じです。ちょっとボソボソした感じのパンにチョコクリームで、なんとなく懐かしい感じのするパンでした。
ちなみにこの頭脳パンは伊藤製パンの製品。伊藤製パンのHPによると、頭脳パンは「頭脳粉」を使用したパンとのこと。一時期殆ど消えたが1992年に復活させ生地やフィーリングを改良し現在に至っているらしいです。杏ジャム&クリームとか、あん&マーガリンとか、頭脳というよりカロリーと言ったほうが良さそうな感じの味の組合せ多数ありました。頭使うと糖分欲しくなるから、それはそれでいいのかもしれません。それで、頭脳粉という怪しげな名前の粉は、100g中ビタミンB1を170ガンマ-以上含有した小麦粉のことだそうです。タウリン1000mmg配合と同じぐらい何がいいのかはよく分かりませんが、なんか効果ありそうな雰囲気あります。頭脳パンについては以下に詳しくでています。

頭脳パン講座


それから、懐かしい味のパンと言えば、子供のころ「かにぱん」が好きでした。先日コンビニで、「チョコかにぱん」という、昔ながらのかにぱんを小振りにしてチョコでコーティングしたものを見かけました。買いはしませんでしたが、中のパンは昔ながらのかにぱんと同じものだったのだろうか?あれはミルクパンというのかな?味はあまりハッキリ覚えていないのですが、食べると喉の乾くパンでした。必ず足をもいでバラバラにしながら食べたものです。あまり見かけませんが、今でも売っているようですね。

三立製菓株式会社

D1000168

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

スパキュイジーヌ

今夜は汐留のロイヤルパークホテルのレストラン。ハーモニーに行ってきました。妻が昨年末に、会社のイベントで食事券を当てまして、それを利用です。
本来、マンダラスパと一緒に味わうスパキュイジーヌなんですが、景品なんで食事だけの利用となりました。けど、体に良さそうなメニューで、とても美味しかったです。五穀米のリゾットはパプリカを使ったソースが添えられていて、見た目も味も良かった。メインには魚を選択。真鯛のポワレで、ふっくらとした旨味の詰まった身にワインも進みました。妻の食べていた仔羊のローストも美味しそうでしたね。今度はスパと込みで楽しむのもいいかもしれません。
しかし、マンダラスパは妻とサイパンへ旅行したときに利用したことがありまして、マッサージの最中は素っ裸なんですよねー。しかも、マッサージのお姉さんは若い女の子。もちろん全身にタオルがかかっていますが、隣は妻がマッサージ中だし、時々タオルをギリギリまでまくられるし、もうドキドキです。ここでは下にボクサートランクスをはくとなっていましたが・・・うーん、微妙だ。まあ、温泉とかマッサージとか結構好きなんでいいんですけどね・・・d1000167.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥ローストと野菜

今日は鳥肉のローストと野菜のスイートチリソースかけ、玉子焼き、ほうれん草。魚を焼くロースターで鳥肉を焼いて、茹でた野菜と合わせ、ナンプラーとスイートチリソースを混ぜ合わせたソースをかけたものです。野菜はニンジンとブロッコリー。鳥肉は先に塩コショウしてます。焼鳥ですね。
冷蔵庫に入っていたスイートチリソースを使おうと思い、じゃあタイ料理風にとナンプラーを使いましたが、やっぱりナンプラーは香りが強すぎたかもしれません。味は良かったんですけどね。醤油とかの方が良かったかも。d1000165.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

食欲があれば・・・

先日、介護の仕事をしている友人から聞いた話しです。
その日、彼は90歳ぐらいのお爺さんの入浴の介助をしていたそうです。背中を支え、さあこれから入浴というときのこと。突然、お爺さんが「あたまーーー!」と叫んだのだとか。彼は、驚いてお爺さんの頭を見ました。すると、頭皮が3cmぐらいパックリ切れていて、血がダラーッと流れている。自分が気付かないうちに何処かへ頭を当ててしまい怪我をさせてしまったかと、彼は相当慌てたそうです。しかし、どうやら頭を何処かへぶつけたのではなかった模様。なんでも、そのお爺さんは高齢のため頭皮が薄くなり、何かの弾みで自然に切れたりすることがあるのだとか。その話を聞いて、力が入ると皮膚が自然に切れるようになるというのはかなり驚きでした。そんなこともあるのですね。

しかし、もっと驚きだったことがあります。というのか、かなり笑えたのがそのお爺さんのその時の言葉。頭から血を流しながら言ったそうです。

「食欲がーーーあるからーーだいーーじょーぶー。今日もーー昼にーービッグボーイでハンバーグをーー食べたーー!」と。

そんな状況を笑ってしまうのは失礼かとも思いますが、かなり笑いました。そのお爺さんとしては、血をながしていても食欲があればOKなんですね。けど、よく食べると血の巡りが良くなり余計に血を噴出さないだろうか?それに、お爺さんにハンバーグは重くないか?とりあえず、胃腸は丈夫と。けど、出血と胃腸が丈夫なのは関係なかろう。まあ、達観というのでしょうか。人間90年も生きると言うことが違います。食は生きる力、元気の源。朝飯無しで家を出てしまうとか、お昼はジャンクフードのみなんて、食を疎かにしてはいけません。そのお爺さんにはいつまでも元気でいて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚肉とレンコン

今日は豚肉とレンコンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。
豚肉を炒め、そこへ下茹でしたレンコンとニンジンを入れてもう少し炒めます。醤油大サジ3、酒大サジ1、ミリン大サジ1、砂糖大サジ1、ラー油数滴を混ぜ合わせたものを入れ、汁気が少なくなってくるまで混ぜ合わせながら炒めていきます。妻お気に入りの一品。調味料の配分はお好みで。d1000163.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

サバのカレー風味焼き

今日はサバのカレー風味焼き、ニンジンとジャガ芋のキンピラ風、玉子焼き、ほうれん草。
サバのカレー風味は、サバの切り身に塩コショウをして下味をつけ、カレー粉と小麦粉を混ぜ合わせたもので衣を着けます。それをフライパンで揚げるように焼けば出来上がり。青魚特有の風味がカレー味となかなか合います。

(追記)
今回はカレー粉が少なかったの白っぽくなってしまいました。2005年7月26日にも同じものを作っているのでそちらもご覧ください。

d1000162.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

バレンタインデーチョコ

妻からバレンタインデーチョコ貰っちゃいました。銀のぶどうの「SUMMIBI Baton de Truffes」。炭火のマイスターたちが野心をもって探求しつづけ創りあげた、理想の炭火ばい煎カカオ豆を惜しみなく使用して練りあげた炭火チョコレートだそうです。見た目、黒い棒ですが、カカオの苦みと生クリームの滑らかな甘さが、説明書きの通り絶妙に調和してます。こいつは美味しい!妻、Good Choice!銀のぶどうというと「炎のチョコ」や「しらら」ですが、こいつも最高です。
ついでに、横に写っているのはハーゲンダッツから新発売された「季節限定チーズケーキ」。レモン風味のレアチーズケーキ味アイス。レモンケーキより濃厚で、バニラアイスよりもサッパリ。なかなか美味しかったです。けど、ハーゲンダッツで一番好きなのは「クリスピーサンドキャラメル」ですね。d1000161.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥肉とインゲン

今日は鳥肉とインゲンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは、バター、醤油、粒マスタード。
今日はバレンタインデーですが、弁当メニューは全く関係無し。濃く行きます。d1000160.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

豚肉とホワイトブナシメジ

今日は豚肉とホワイトブナシメジの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、ラー油と胡麻油を少々。
時々、仲間内から、材料や調味料の分量が分からん!と指摘を受けるのですが、入れた醤油の色の濃さなどを基準に目分量でやっているため、自分でも正確にわかりません。試しに今日は計量スプーンを使っていつもぐらいの量で入れてみましたが、醤油大サジ3、酒大サジ1、ミリン大サジ1、砂糖大サジ1程度でした。ラー油と胡麻油は香りと辛味付けなので、数滴程度お好みで。肉は多分150gぐらい。ホワイトブナシメジ100g。ニンジン1/2本程度。これで二人分より少し多いぐらいの分量です。
作り方は、肉を先に炒めて、ホワイトブナシメジと下茹でしたニンジンを入れ、少し炒めたところに調味料を混ぜ合わせて投入。あとは少し炒めて味が回ったら出来上がり。簡単です。d1000159.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ブラックサンダー

職場で、これ知ってますか?とココアクッキークランチ入りのチョコバー「ブラックサンダー」を貰いました。
名前が既にマニアックですが、包装には「黒い雷神」、「若い女性に大ヒット中!」、「おいしさイナズマ級!」のキャッチコピー。お菓子に黒い雷神。本当に若い女性に大ヒット中なのか?若いと言っても、極めて若い女性か?イナズマ級とは何をもってイナズマ級なのか。謎とツッコミ所の多いお菓子です。しかし、サクサクした軽い歯ごたえがよく、苦みのあるココアの味がチョコの甘さと合っていてなかなか美味しい。若い女性に限らず人気の出そうな味ですね。子供の頃に駄菓子屋に置いてあったら迷わず買ったに違いありません。
どうやら、あの「生協の白石さん」で取り上げられていたようですが、知りませんでした。d1000157.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

鳥肉とエリンギのカレー風味

今日は鳥肉とエリンギのオイスターカレーソース炒め、ゆで卵、ほうれん草。鳥肉とエリンギ、ニンジンを炒めてオイスターソース、カレー粉、酒、ミリン、一味唐辛子で味付けしてます。
妻が料理教室で習ってきた薬膳料理の味付けだけをまねたものです。元の料理では、百合の根が入って、一味でなく七味を使い、水溶き片栗粉を入れてました。料理方法や材料などは違いますが、味付けとしては美味しいです。d1000156.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

ガナッシュガナッシュ

ブルボンより期間限定で発売されている「ガナッシュガナッシュ」を職場で食べました。なんでも、やわらかさとコクを追求した生チョコだそうです。確かに、12個で210円程度の箱入り生チョコにしてはやわらかくコクのあるチョコですね。なかなか美味しいです。6個1パックになっていて、付属している小さなフォークで食べます。欲を言えぱ、一つ一つ小分けになっているのがいいんですけどね。一気に食ってしまうので。けど、生チョコでは、手に持ってしまうと溶けてしまうか。
お茶は伊藤園おーいお茶の宇治茶。これまた限定春バージョン。桜模様のパッケージ。あと一ヶ月ちょいで花見の季節だなぁ。d1000153.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰯とパプリカ

今日は鰯とパプリカの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。普通の緑のピーマンも入ってます。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、おろし生姜。
魚とパプリカのような色の濃い野菜とが炒めてあると、スペインとかイタリアの料理のように見えますが、味はキッチリ生姜炒め。和風です。d1000155.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

豚肉とカボチャ

今日は豚肉とカボチャの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、ラー油数滴。
カボチャと言えば、家のCMだったか、保険のCMだったか忘れましたが、阿部寛さんの出ているCMでのこと。恐らく旦那役の阿部寛さんは、丸ごと一個のカボチャを手にとり「いいカボチャだ、買いましょう」といいます。すると妻役の女優(誰だか忘れました)さんが「ダメです。これだけ有れば充分です。たとえ小さな差でも・・」と答えます。ここで、小さな差を気にするなら、丸ごと一個買って、それこそ種まで余す所なく色々と料理したほうがお得なのでは?と思いました。いや、一人暮しとかだったら、使い切る前にダメにしてしまう可能性があるので小分けがいいとは思いますが、夫婦二人なら色々食べれて、グラムあたりの単価が安くなるから丸ごとがお得ですよー。d1000154.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

イカと長ネギ

今日はイカと長ネギの炒め煮、玉子焼き、ほうれん草。イカと長ネギとニンジンをフライパンで炒め、そこへダシ汁、醤油、酒、ミリン、砂糖、生姜を入れ、アクを取りながら煮ます。
ネギとマグロなら「ネギマ」。この場合、ネギとイカで「ネギイ」ですかね。何か言いにくいので「ネギカ」の方がいいか?けど「ネギカよ!」と突っ込み入れているようなんで、普通に「ネギイカ」 でいいか。d1000152.jpg

どうやら、リンクを張っている「愛夫弁当」さんが、私のお弁当をいくつか作ってくれたようです。なかなか美味しそうに再現されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

鳥肉とセロリ

今日は鳥肉とセロリの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリン、砂糖、シーフードチリソースで味付け。タイ料理風の味付けです。醤油じゃなく、ナンプラーを使えばよりタイ料理に近づくかな?d1000151.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

ピエール・マルコリーニのアイス

今日は友人の展覧会を見るために銀座に行きました。展覧会からの帰り道。こんな寒い日でしたが、ピエール・マルコリーニのアイスを購入。スモールダブルでそれぞれ2種類づつ食べました。私はチョコとバニラ。妻はチョコチップとオランジェリー。どのアイスも滑らかな舌触りがよく、バニラはミルクの味とバニラの香りがバランスよくシッカリとしていました。チョコは甘すぎないカカオの香りが後を引きます。オランジェリーをちょっと貰いましたが、オレンジの果肉(果皮?)も入っていて、チョコの味によく合います。美味しいです。
テイクアウトは割とすぐ買えましたが、カフェの方は大勢の人が列んでいました。次はチョコも食わねば。d1000149.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴボウの味噌炒め

昨夜は自宅で飲んでいました。酒の肴はゴボウの味噌炒めと玉子焼き。
ゴボウの味噌炒めは、まずゴボウを水に漬けてアクを抜いておきます。それを、水に酢少し入れて一度茹でます。水気を切って、胡麻油で炒め、テンメンジャンと酒を混ぜ合わせたものを入れて味付けします。盛り付けのときに白胡麻かければ出来上がり。甘い味噌味が酒によく合います。弁当の副菜にもいいですね。
玉子焼きは弁当用よりも中をトロっとさせてます。酒の肴仕様です。d1000148.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

フィリピン料理

昨夜は池袋にある立ち飲み屋。「小島」に行ってきました。立ち飲み屋なので、酒も料理も安いけど「うーん、まあこんなもんか」と言う程度かと思っていたら、意外にどちらかもしっかりしていて驚きでした。しかも、どれも300円程度。安いです。キャッシュオンデリパリーなので、写真の奥に写っている小さいザルにお金を入れておくと、お店の人が勝手に持っていってくれます。
それから、お店ではフィリピンと中国の方が働いていて、フィリピン料理が食べれました。写真に写っているのはメヌードというレバーと野菜をトマトソースで煮たもの。フィリピンの料理は味の濃いものが多いらしく、お酒に合うのだそうです。初体験の味でした。d1000146.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

蕎麦屋で一杯

今日は池袋で予定がありまして、意外に仕事が早くあがれたため、先に軽く食べながら一杯やることにしました。場所は、新宿御苑駅の近く。蕎麦屋の香名屋です。
ここは日本酒や焼酎が色々置いてありまして、私の中では蕎麦屋でなく、飲み屋カテゴリーに分類されてます。日本酒は奥播磨芳醇超辛。肴に豆あじの素揚げ梅肉添え。ついここに居座りたくなります。d1000145.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

全裸の訴え

先日、バレンタインデー向けの納豆について書きましたが、今時はバレンタインデーにチョコ。ホワイトデーに飴やクッキーというような決まり事も薄れ、何かお菓子。または、なんでもいいからプレゼントという感じになりつつありますね。元々、平賀源内が、土用の丑の日に鰻を食べることを鰻屋の販売促進で勧めたように、日本のバレンタインデーもお菓子メーカーが言い出したものという話し。それはそれでいいのでしょう。最近じゃ節分の恵方巻きなんていうのがそれでしょうか。私はまだ一度もやったことがありません。豆を撒いたり、鰯を刺したりするのも、この年になったらやらないですけどね。

それで、昨年のホワイトデーのこと。職場の女性の方々に渡すプレゼントの購入担当を私が引き受けまして、ゴディバのトリュフ(3個入りだったか?)と紅茶のセットを人数分用意しました。そのゴディバのチョコの箱には、ゴディバの名前の由来が書かれた紙がついていまして、その内容が衝撃的だったのを思い出しました。その内容はこうでした。

11世紀のイギリスの話。コベントリーという所に住む住人達は、領主のレオフリック伯爵の課す重税に大変苦しんでいたそうです。それを知った伯爵夫人のレディ・ゴディバが伯爵に税を軽くするように申し出ました。すると伯爵は、お前が一糸まとわない姿で町中をまわれたらそうしようと言いました。ゴディバは大変悩んだ末、とうとう白馬にまたがり一糸もまとわぬ姿で町をまわったのです。町の人々はゴディバの自己犠牲の精神にうたれ、その日は窓を固く閉ざしゴディバの行動に応えたということです。そして、そのゴディバの自己犠牲の精神をたたえ社名にゴディバの名を貰ったということでした。

この話を読んで、そもそもチョコの会社に自己犠牲の精神がいるのか?という疑問が起こります。しかし、美味しいものを作るには人に優しくなくてはならないのでしょう。良しとします。ところが、それよりもっと疑問なのが伯爵。自分の妻に、そーしてほしかったら素っ裸で町中まわれと言った訳ですね。冗談か?本気か?よく、芸能人で何処かの球団が優勝できなかったら坊主になるとか、ふんどし一丁で町歩くなんて言う人がいますが、重税をなくす為の条件として、絶対やらないような冗談めいた条件出して引き下がらせる目的だったのではないかと推測されます。けど、やってしまったと。伯爵はそれで本当によかったのか?やる前に止めなかったのか?そもそも、やった後に本当に重税はなくなったのか?疑問いっぱいです。後日談を知りたいですね。ちなみに、上の話は以下のページにも書かれています。

ゴディバについて

上の話しとは関係ないですが、ベルギーのチョコは美味しいですね。オランダに出張した時に、空港の中に入っていたよく知らないお店で買って食べたトリュフがとても美味しかったのを覚えています。けど、日本で買うととても高い。あまりはっきり覚えてないですが、こちらで1個300円とか400円もするようなものが、向こうだと100円切っていたかと思います。一度、チョコもビールも美味しいベルギーに行ってみたいです。全裸で。
いや、間違えた、遊びで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛肉と大根

今日は牛肉と大根の炒め煮、玉子焼き、ブロッコリー。
牛肉、大根、ニンジンをフライパンで炒め、ダシ汁を入れてアクを取りながら暫く煮ます。そこに、醤油、酒、ミリン、砂糖、生姜、山椒に塩少々入れて汁が少なくなるまで煮れば出来上がり。唐辛子とかを入れてもいいです。
明日は、退職される方を囲んでの昼食会のため弁当は無し。妻も職場の人と外で食べる約束をしているらしく、弁当作成自体ありません。d1000143.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

豚肉とゴボウとシメジ

今日は豚肉の胡麻味噌炒め、玉子焼き、ほうれん草。野菜類はゴボウ、シメジ、ニンジンを使ってます。味付けは味噌、酒、ミリン、砂糖、トウバンジャン。これに胡麻を入れ、醤油もほんの少し入れてます。d1000141.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »