« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

納豆なバレンタイン

明日から2月です。もうすぐバレンタインということで、デパートのお菓子売り場では、有名ショコラティエ製作のチョコなんか売っていますが、チョコ好きの私としては、どれか買ってみようかなあなんてなんて考えています。しかし、仕事帰りのスーツ姿であのチョコ売り場へ突入するのはちょっと気が引けるため買うには至っておりません。まあ、今時はお取り寄せがあるからいいですけどね。

それで先日、福島の納豆販売会社がバレンタインデー用の納豆を販売しているという記事を見かけました。

「こだわりや本舗」という会社の製品で、義理用と亭主用、本命用2種類の計4種類あり、価格は800から1380円。本命用は義理用に比べて量が多く、温泉タマゴも付いているのだとか。仮に、気になる女の子がいて「これ私の気持ちです!受け取ってください!」と本命納豆を貰ったとして、本命と思えるかどうかやや疑問が残りますが、この納豆自体は食べてみたいですね。ちなみに、この商品は通販で買えるようです

そして、この通販ページの各商品についているキャッチフレーズがなかなか笑えます。本命用は「納豆のように貴方を・・・粘り強く愛してみせます」。亭主用が「納豆のように粘り強く結ばれている」。義理用は二つありまして、一つが「義理にも順番がある貴方は義理の一豆賞」。もう一つは、納豆そのものでなく、この会社の商品券や納豆料理レシピなどが入ったセットで「義理・・・でも、あなたの健康のこと考えています」となっていました。

納豆のように粘り強く愛しても、受け入れられなかったらただのストーカーなのではなかろうか?粘り強く結ばれているといのは、離れそうだがなかなか糸引いて離れない状態か?と良からぬ方向に考えてしまいますが、なかなかヒネりが効いていていいです。もし誰かにこれを贈るならその言葉と共に贈ると効果的(?)かもしれません。

いずれにしろ、私は納豆好きですが、バレンタインデー用として納豆はいかがなものかと思うところです。しかし、このほかにもバレンタイン向き、又はバレンタインに納豆を推奨する会社がありました。

まず以前試した「バナ納豆ジュース」の「くめ納豆」。「くめ納豆」と「デザート工房A.L.A」というところで共同開発した納豆ケーキに納豆を詰め合わせたセットです。
プレゼント企画だったものなんで、実際に売っているかはよくわかりません。

くめ納豆バレンタインデー・プレゼント

続いて、バレンタインデー向きとは書いてないですが、北海道の富士食品の「納豆チョコレート」。いったいどんな味なんだろう?

富士食品 「納豆チョコレート」

そして最後が北海道の小樽坂田納豆本舗。チョコとか一切関係なく、バレンタインデーに納豆を贈る。それが日本の女の新しいスタイルらしいです。粋なキャッチコピーがちりばめられた楽しいページ。「冷めたあいつに納豆攻め・・・」ってありましたが、いったいどんな攻めなんだろう?

小樽坂田納豆本舗

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鱈とピーマン

今日は鱈とピーマンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。鱈は片栗粉で衣をつけてます。
先日見た「あるある」で、鱈の何かが肝臓にいいような事を言っていたせいか、スーパーで鱈が安く売っていました。番組内ではやはり衣をつけて酢豚風にしていましたが、我が家は生姜炒め。鱈に限らず、衣をつけた魚の切り身を炒めることは時々やります。身のままより味がついていいんですよね。d1000140.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

お菓子BOX

私の仕事机の二段目は、「吉成ワクワクお菓子箱」となっております。私は酒好きではありますが、甘い物も結構好き。1番は和菓子ですが、チョコ系もいいですね。生クリームだけはちょっと苦手。
それで、ただいまお菓子箱内にはチョコビスケット、紫芋ムースポッキー、クリームかるめら、小枝なんかが入ってます。紫芋ポッキーは紫芋というより、キャラメル味かな。クリームかるめらはサクッとした歯ごたえがいいです。チョコビスケットは定番。アルフォートもいいけど、こちらもまたよし。
夕方のちょっと疲れた時にこの引き出しが開きます。d1000134.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚肉とジャガ芋

今日は豚肉とジャガ芋の炒め物、玉子焼き、ほうれん草。オイスターソース、醤油、酒、砂糖で味付け。彩りで赤ピーマンを使ってます。
私の中の偏見なんですが、琴欧州とか、体の大きいヨーロッパ方面の方を見ると「この人、豚肉とジャガ芋好きなんじゃないかなあ?」と思ってしまいます。すいません。多分、子供の頃に映画か何かで、西洋の騎士とかバイキングとかが、ジャガ芋と大きなベーコンを食べたりしている映像を見たのでしょう。そういうイメージが強く残っているのかと思われます。d1000139.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

中華と日本酒

昨夜は大塚にある「帝都軒」にて中華と日本酒な夜でした。日本酒は店主のご厚意で持ち込みです。用事したのは十四代の本丸。あと醸し人九平次の吟醸うすにごり生酒。十四代は味が濃いめの中華にはちょっときびしかったかもしれません。九平次の方はしっかりと旨味を感じられました。
二次会では、同じく大塚にある韓国居酒屋の「友情」に行き、胡麻入りのマッコリを初体験。ハーゲンダッツで食べるクッキーアンドクリームの味でした。私にはちょっと甘すぎました。d1000138.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

干し梅 その2

昨日、職場で別の干し梅を食べてみました。カンロから販売されているものです。種抜きで柔らかく、先に食べたものより酸っぱかったです。好みもあるでしょうが、私は先に食べた方が美味しいと思いました。d1000137.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

鳥肉とゴボウ

今日は鳥肉とゴボウの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、一味唐辛子。キンピラ風ですね。具材を炒めて調味料を入れ、汁気が少なくなるまで炒めてます。d1000136.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

干し梅

先日職場の人から、美味しいから食べてみる?と、干し梅を一粒貰い食べてみました。これが意外に美味しく、近所のコンビニで探して買ってきてみました。貰ったのは同じメーカーのものですが、種抜き黒糖入りのものでこれとは違います。けどこれはこれで甘酸っぱくて美味しいです。
これ以外にもコンビニには何種類か干し梅が売っていました。最近よくある、粒ガムの入った小さいボトルと同じようなボトルに入ったものまで。流行っているんですかね?他のも試してみよう。d1000135.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚肉とピーマン二種類

今日は豚肉とピーマンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。ピーマンは赤ピーマンと普通の緑ピーマン使ってます。味付けは、醤油、酒、ケチャップ、ニンニク。
更に黄色のパプリカとかが入ると信号炒めでしたね。d1000133.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

鱈とシメジ

今日は鱈とシメジの煮物、玉子焼き、ほうれん草。普通に醤油、酒、ミリン、砂糖に塩一つまみで煮ています。ニンジン、刻み生姜も入っていて、月曜に続き風邪対策メニューになってしまいました。d1000132.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

焼きサーモン

今日は焼きサーモン、ジャガ芋とニンジンのキンピラ風、ゆで卵、ほうれん草。今日は一人分なんで手抜き感の高い弁当。焼くだけ、茹でるだけ、切って電子レンジへ入れるだけ。
ジャガ芋とニンジンのキンピラ風は、弁当を作り始めた頃に買った本に出ていた簡単メニュー。いつもは大体目分量でやってますが、本ではジャガ芋1個、ニンジン半分。醤油大サジ2、酒大サジ1、砂糖小サジ2、胡麻油大サジ1、、唐辛子小口切りを数片となっていました。
ジャガ芋とニンジンを棒状に切り、耐熱容器に入れて調味料をかけて混ぜます。蓋をして3分。一度出して混ぜたあとに、更に3分。これで出来上がり。唐辛子は面倒なんで、いつも一味唐辛子かけてやってます。d1000131.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

鳥肉と野菜の生姜炒め

今日は鳥肉と野菜の生姜炒め、玉子焼き、ほうれん草。野菜はカボチャ、ニンジン。それにシメジも。
昨日見た「あるある」で、風邪予防に生姜やキノコ類が良いようなことを言っていたので使ってみました。しかし、私は現在のところ、風邪の兆候は全くありません。d1000130.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

チンギス・ハンの後

昨夜のチンギス・ハンですが・・・倒れました。歌に合わせて回し飲みをしていくイベントがありまして、40度のウオッカを何度も飲む。気付くとカラオケ屋の椅子で寝ていました。やっちゃいましたね。調子に乗って飲むもんじゃありません。仲間にも、お店にも迷惑かけてしまったでしょう。申し訳ありません。もう、お酒を止める・・・ことはありませんが、暫くは程々にしておきます。
あっ、お店の料理、とても美味しかったです。モンゴル料理というのは初めて食べましたが、中華ともチョット違った、なんだか懐かしい味に感じました。また行ってみたいです。
ついでに、お店ではモンゴルの民俗衣裳が着れます。写真は私が着たモンゴル相撲の衣裳。お好きな方には堪らない映像かもしれません。

d1000129.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

チンギス・ハン

今日は雪のなか、大塚にあるモンゴルレストラン「チンギス・ハン」に来ています。ゲルの中でモンゴル料理を食べて、馬乳酒飲んだり。歌って踊って、楽しいお店です。モンゴル相撲の衣裳を着て腕相撲もしちゃいました。マナイディレーレ!ゲルの中はとても暖かいです。d1000126.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

豚肉と野菜の和え物

今日は豚肉と野菜の和え物、切り干し大根、玉子焼き、ほうれん草。野菜はカボチャ、ニンジン、玉葱を使っています。豚肉と野菜を茹でて冷まします。これに、醤油、お酢、胡麻油、トウバンジャンに、豚肉と野菜の煮汁を少し加えて混ぜた物をかけて混ぜます。暫く置いて味が馴染んだら出来上がりです。スッパくて辛い。お酒にも良く合います。d1000125.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

豚肉とレンコン

今日は豚肉とレンコンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。我が家の定番、豚肉レンコン。醤油、酒、ミリン、砂糖、ラー油で味付けしてます。
玉子焼きが毎日のように入っているのは、作るのが簡単であることと、美味しいし好みだから。我が家の玉子焼きは卵と砂糖に塩と胡椒少々。ダシ巻きではありません。甘い玉子焼きです。d1000124.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

鳥肉とカボチャ

今日は鳥肉とカボチャの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。生姜炒めです。彩りで赤ピーマンを入れてます。
赤ピーマンとパプリカが別物であることは5年ぐらい前に知りました。それまでは、普通のピーマンとパプリカが別物で、赤ピーマンはパプリカの少し小さいやつだと思っていたのです。ピーマンが熟すと赤くなるなんて、料理をするようにならなければ一生知らずにいたかもしれません。d1000123.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

焼きみかん

今日「御浜の焼きみかん」という、焼きみかん専用の陶器の器が紹介されているのを見かけました。

三重県四日市市の佐治陶器株式会社というところで作られている物だそうです。三重県の御浜というところは、みかんの産地として有名ということで、御浜では古くから「風邪のひきはじめには焼きみかんが良い」と語り継がれてきたのだとか。

私は、お菓子としてバナナやリンゴの焼いた物を食べたことはあるのですが、焼いたみかんというのは食べたことがありません。妻に聞いてみたところ、どうやら妻はやったことがあるらしく、白い皮がパリパリになって中身がジュワッとジューシーになるのだとか。元々、この焼みかんというのは、酸っぱいみかんを甘くするためにやり始めたということらしいです。けど、最近のみかんはどれも甘いので、わざわざやらなくてもいいのでしょう。なんとなくイメージとして、柑橘系を暖めるのは「温かいネクター(今も売っているのか?)」的な気持ち悪さを感じるのですが、妻曰く美味しくなるようなので一度試してみようかと思います。

ところで、焼きみかんに関連して、ちょっと疑問というのか、興味のあることがあります。「みかんを焼くと甘くなる」ならば、似たような酸っぱい果物焼くとどうなるのだろう?例えば、グレープフルーツとか、レモンとか。他にもキュウイフルーツなど。やはりどれも甘くなるのだろうか?なんでも、果物内の糖が加熱されると化学反応が起きて芳香物質を出すとか何とか、科学的な根拠はあるようですが、やっぱりここは実際にやって食べてみるというのが手っ取り早いだろうなぁ。とりあえず、あまりヒドい物にはならないとは思うが・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブリの竜田揚げ風

今日はブリの竜田揚げ風、玉子焼き、ブロッコリー。片栗粉で衣を着けて揚げたあと、フライパンで味ポンと一味唐辛子を入れて炒めてます。
最近は野菜だけでなく、魚も高めですね。d1000122.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

ヤスダヨーグルト

スキーの帰り。一緒に行った職場の方に美味しいと言われ、越後湯沢駅で「ヤスダヨーグルト」を購入しました。私は知らなかったのですが、どこかの航空会社の客室乗務員の口コミで人気が出て、新潟限定だったものが全国的に有名になったとか。確かに、濃厚で美味しい飲むヨーグルトでした。コップで飲むと、最後の方はスプーンを使った方がいいぐらいです。
それで、新潟でしか買えないものかと思ったら、別の人の話しによると近所の東急ストアでも売っているらしい。探せば私の家の近所でも見つかるかもしれない。見つけたらまた買ってみよう。d1000120.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豚肉とエリンギ

今日は豚肉とエリンギの炒め物、玉子焼き、ブロッコリー。オイスターソース、醤油、酒、砂糖、トウバンジャンで味付けしてます。
スーパーのキノコ売り場で「エリンギはアワビに似た食感があって・・」と宣伝してましたが、似ていると言われれば似ているような。アワビと言うにはちょっと柔らか過ぎます。d1000119.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

スキー場の昼ご飯

今日の昼ご飯はゲレンデにあった「バレーナ」というお店で、ビールとピザとパスタ。青カビチーズのピザと、めんたいクリームパスタです。スキー場のご飯というと高くてまずいイメージでしたが、ここの料理はすごく美味しかったです。滑らかでコクのあるチーズがビールにマッチ。パスタはエビや野菜も入り具だくさん。値段も手頃で申し分ありません。カレーもすごく美味しそうでしたが、それはまた来た時にトライしてみます。d1000118.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

スキー場にて

私はただいま新潟の石打丸山スキー場に来ています。職場の人とスキー旅行です。雨の予報でしたが、滑っている時はそれほど降らず、ひとまず滑ることが出来ました。
写真は休憩の時に食べた「コシヒカリモナカ」。米粒入りと書いてありましたが、入っていたのは数粒。普通のモナカと変わりありませんでした。アイスとしては美味しかったです。d1000116.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

鮭と野菜のトマト煮

今日は鮭と野菜のトマト煮、玉子焼き、ほうれん草。野菜は茄子、ニンジン、玉葱、ピーマンが入ってます。鮭と野菜を炒め、ある程度炒めたところでトマトの水煮缶を入れて煮ます。塩、胡椒、一味唐辛子で味を付け、水気が少なくなるまで煮ればれば出来上がり。ラタトゥユ風ですね。鮭なんで味はちょっと違います。弁当じゃなければニンニクを入れた方が美味しいでしょう。鷹の爪でもよかったのですが、面倒なんで手元にあった一味唐辛子使いました。あと、色が変わるのでピーマンは最後に少し煮ただけです。煮込んでも構いません。
トマト煮と玉子焼き。洋風なんだか、和風なんだか、混ぜこぜな弁当です。d1000115.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

豚肉とピーマン

今日は豚肉とピーマンの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。
豚のロース肉をスライスしたニンニクと一緒に醤油へ15分ほど浸けます。肉とニンニクを取り出し一緒に炒め、表面が焼けたら浸けていた醤油を入れます。少し炒めてからピーマンをいれ、最後にケチャップを入れて少し炒めたら出来上がりです。
炒めたニンニクは、弁当には入れていません。美味しいんですがねー。ヤッパリ香りが強すぎるので。d1000113.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

鳥肉とシメジ

今日は鳥肉とシメジの炒め物、玉子焼き、ほうれん草。鳥肉、シメジ、ニンジン、刻み生姜を炒め、醤油、酒、ミリン、砂糖、塩一つまみで味付け。水溶き片栗粉でトロ味をつけています。刻み生姜が入ると、スッキリした辛味がいい感じです。d1000112.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

海外日本酒事情

少し前にラジオで聞いたんですが、今ニューヨークあたりでは日本酒ブームらしいです。どの程度ブームかは分かりませんが、ワインショップに行くとショウウインドウに色々な種類の日本酒が並んでいるとのこと。なんでも、セレブシェフと言われるような有名シェフが日本食を取り入れた料理を作るようになり、その料理に合わせて日本酒が出てくるようになったとか。最近日本では焼酎ブームが続いていて、その他色々な要因で日本酒の消費量も減り、日本酒の蔵元も大変なようです。焼酎も好きな私ですが、順列つけるならやはり日本酒が一番。販路を海外に求めるのもいいかもしれません。日本酒がまた盛り上がるように頑張ってほしいものです。

ところで、そんな話を思い出し、海外の日本酒事情はどうなってんのかなと思いまして、Yahooアメリカで「sake」と打ち込んで検索してみました。6000万件以上のヒット。酒そのものではなくて、目的とか利益という意味の単語としてひっかかったりもしているようですが、日本酒の通販などかなりの数があるようです。

それで、その多くの検索結果の一番最初に来ていたのが「sake-world.com」というページ。John Gauntnerという人が日本酒について色々書いていました。酒FAQとかを見ますと、暖かいのがいいのか冷たいのがいいのか?酒のカクテルは?など、へ~そういうことが疑問なんですか、と結構楽しめました。

更に、そのページのリンクで「eSAKE」という通販サイトがあったのですが、ここに出ていた英語名の酒の名前がなかなか面白かったです。例えば「李白」は「Wandering Poet」。李白の濁りタイプは「Dreamy Clouds Nigori」。「里の誉れ」が「Pride of the Village」。「天の戸」が「Heaven's Door」。凝っているようなそのままのような。いっそ日本語のままでもいいような気もするのですが、やっぱり意味が分かった方がいいのですかね。
けど、これで行けば、私の「吉成」はどうなるのだろう?「have the good fortune」とか言うのか?それとも「change for the better 」とか?どっちにしろ何か変だ。やっぱりそのまま「よしなり」と発音してほしいものだ。酒もそのままの読み方の方がいいのではないだろうか。それとも単に読みにくい(発音しにくい)から変えた?なら、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カジキの煮付け

今日はカジキの煮付け、玉子焼き、ほうれん草。今日は弁当一人分なので、手抜き感の高い、地味な彩りの弁当です。20060110062903.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

川口納豆

昨日立ち寄った「宮城ふるさとプラザ」で購入した「川口納豆」を食べてみました。なんでも、この納豆。村松舜祐博士の製法による納豆本来の懐かしさいっぱいの味とのこと。村松舜祐博士は盛岡高等農林学校(現岩手大)の先生だった方のようです。
三つ折の紙包みの中に入っているのですが、空けると納豆の香りが強く感じられ、混ぜると驚くほど強く粘ります。大粒で味は濃いのですが、食べた際はあまり納豆臭くないです。美味しいのですが、私はもう少し食べたとき納豆臭い方が好みですね。あと、値段も50g1パックで110円だったかな。我が家では、普段3パックで100円切るような納豆を食べています。たまーに、こういう納豆食べるのも美味しいのですが、毎日食べるとなるとやはり特売納豆になってしまいます。それでも十分美味しいですから。
D1000111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋刀魚の佃煮

今夜は妻と家で一杯。酒の肴は妻製作のカリフラワーのマリネーゼ粒マスタードシード風味だったか?何でも、カリフラワーを粒マスタードと、オレガノと何かしたらしいです。今度詳しく聞いておきます。もう一品は本日(昨日?)池袋で立ち寄った「宮城ふるさとフラザ」で購入した「金のさんま」。秋刀魚の佃煮なんですが、美味いです。出来れば宮城のお酒に合わせようかと思いましたが、ここは妻製作の肴に合わせ、ベルギービールで。ウエストマールのトリプルです。
私がベルギービールを始めて知ったのがこのウエストマールのトリプルでした。オランダ出張の際に向こうのエンジニアの方に飲ませていただいたのですが、あれは私のビール世界を広げる革命的な一杯でした。あの時は、酒は、国も、政治も、習慣も、争いも忘れて一つになれる素晴らしい世界をくれる物だと感じた至福の時でした。飲めない人は御免なさい、けど、お酒って素晴らしい!D1000109 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

カボチャおろし

今夜は家で静かに飲んでます。肴はカボチャおろし。素揚げしたカボチャに、絞った大根おろしを乗せてポン酢をかけてます。今夜は七草粥を食べたので、少し残っていたハコベラを刻んで添えてみました。酒は静岡の「正雪 吟醸 秋あがり」。スッキリした甘味と香りがいい感じです。d1000106.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鹿児島酒処

昨夜は職場の新年会でした。ついでに仲間との新年会も有りましたので、そちらは早々にあがり、新宿にある鹿児島酒処「ふるさと」へ。先日書いた鳥の生肉ですが、ここに来た時はいつも食べます。元々、親から子供ころ「生肉は絶対食うな」と言われていたせいか、馬刺しなどを食べたのは随分大人になってから。今でも、「名物!」みたいになっているような所に行かないと、進んで食べることはあまりありません。美味しいですけどね。
写真は馬刺しと鳥刺し。私はいつもササミの部分と思って食べていましたが、日によって部位が変わるそうです。昨夜はモモ肉でした。焼酎とよく合って、ついつい飲み過ぎな夜でした。d1000104.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

鱈とカボチャ

今日は鱈とカボチャのマヨネーズ炒め、ゆで卵、ほうれん草。鱈と下茹でしたカボチャ、ニンジンをマヨネーズ、粒マスタード、ワインビネガーに、醤油少々で炒めています。マヨネーズにゆで卵。ダブルエッグな濃い弁当です。
ちなみに、妻は会社の同僚と外で食べる約束をしたということで本日弁当なし。d1000102.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

鳥刺し

鹿児島出身の友人からお土産で鳥刺し(鳥タタキ?)を貰いました。モモ肉と手羽の部分だそうです。生食用にパックになったものを、こちらに帰って来てから表面を焼いて持ってきてくれました。東京では生で鳥肉を食べることは無いので、今まで鹿児島料理のお店でササミの部分を数回食べたことがある程度でした。友人から言われた通り、ニンニク酢醤油で食べましたが、臭みが無い旨味の強い美味しい肉でした。
平日だってのに、つい酒に手が伸びて・・・鹿児島だけに、ヤッパリ鹿児島の芋焼酎でしょう。d1000101.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牛肉の煮物

今日は牛肉の煮物、玉子焼き、ほうれん草。ゴボウ、ニンジン、玉葱、昆布が入ってます。
牛肉と野菜を炒めて、昆布のダシ汁を入れて煮ます。アクを取って、醤油、酒、ミリン、砂糖に、塩一つまみを入れて味付けしたあと、生姜の絞り汁と、ダシに使った昆布を入れて暫く煮ます。
沖縄料理で牛肉の薄切り肉を使った昆布ダシのスープがあったかと思いますが、それに似た感じです。汁は入れられないので具だけです。d1000100.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

新年初弁当

今日から仕事開始です。初弁当は、豚肉生姜炒め、玉子焼き、ほうれん草。定番中の定番。豚肉生姜炒め弁当。宴会続きで疲れた胃に、お構いなしの濃い弁当でスタート。
妻は明日から仕事。けど、昼ご飯を作るのが面倒だろうから、二人分調理しておきました。弁当箱には詰めないだろうが、昼ご飯に食べてくれ。d1000097.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

新年会その2

今夜は、旅から帰って友人宅で新年会です。頭に巻いているのは自作の酒手拭い。気合いを入れて飲むときに使います。よーし!飲むぞー!d1000096.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

新年会

ただいま河口湖湖畔のコテージにきております。新年会は、飲み屋の常連さんたちと大宴会。酒沢山。料理も色々。あー、正月だなー。d1000094.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

2006年となりました。弁当作り続けて7年。ブログを始めて約8ヶ月。昨年は、沢山の方に見ていただき、国内外より多数のコメントもいただけました。ありがとうございます。今年も作り続けます。出来れば今まで載せた弁当をHPにまとめ、詳細な作り方なんかも書けたらいいなぁ、なんてことも考えていますが、2006年内に実現するのか?早いうちになんとか・・

それでは、本年もよろしくお願いします!
syogatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »