« 寿司! | トップページ | 豚肉と長芋 »

2005年12月11日 (日)

バナ納豆ジュースを作ってみました。

先日書きました「バナ納豆ジュース」。実際に作って飲んでみました。結果から言いますと・・・

予想外に美味い!

でした。例えるならば
「きな粉味シェイク」です。意外でした。罰ゲームメニューかと思いきや、かなり美味しいです。妻も、最初は「不味いに決まっている!納豆の神様に申し訳ない!」と作成に反対しておりましたが、食べると美味しいとの判定。OK出ました。恐るべし!納豆の達人、高野正則さん。

以下は作成過程です。

D1000054
まずは材料。2人分で納豆1/2パック。バナナ1本、牛乳200cc、アボガド1/8個、砂糖小さじ2、レモン汁小さじ1/2、氷3個となっています。アボガドは良く熟れたものを用意。納豆は残念ながら「バナ納豆ジュース」が紹介されていた「くめ納豆」のものではありません。たまたま家にあったものを使用。





















D1000055
材料を切って容器に投入です。我が家にはミキサーは無いので、「バーミックス」というハンディフードプロセッサーを使用。付属している、容器の中に回転刃がついた粉砕式攪拌容器で混ぜることにします。全部を入れると溢れそうです。






















D1000056
攪拌中です。溢れてきてしまいました。容器が小さすぎました。ちょっと失敗。蓋を開けたら溢れてしまったので、量を減らして材料が細かくなるまで攪拌しました。























D1000059
出来上がりです。後味に納豆の風味が感じられますが、「きな粉味」です。納豆の粘りとバナナやアボガドのネットリ感が重なり、攪拌することにより泡立てられて滑らかなムース状に。そのまま口を付けて飲もうとしても上手く飲めません。スプーンですくって飲みました(食べました?)。ジュースというよりシェイクです。




















よく、プリンに醤油をかけて食べるとウニの味がするとか、麦茶に牛乳入れて飲むとコーヒー牛乳の味がするなんていいますが、これの場合、納豆とバナナと牛乳を混ぜるときな粉の味がするということになるのでしょうか。そもそも、きな粉は大豆から出来るのだから、納豆を入れてきな粉味に感じられるのも当然なのかもしれません。今回は意外な組み合わせで、予想外の美味しさでした。物事は見た目や、感覚で信じ込んではいけない。実際にやってみなくては分からないという教訓を得たメニューでした。

|

« 寿司! | トップページ | 豚肉と長芋 »

コメント

やってしまったんか・・・・・・・・・

投稿: (T_T)太郎 | 2005年12月12日 (月) 09時06分

やっちまいました。けど、本当に美味しかったです。お試しあれ!

投稿: 吉成 | 2005年12月12日 (月) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナ納豆ジュースを作ってみました。:

« 寿司! | トップページ | 豚肉と長芋 »