« 鳥肉とスナップエンドウ | トップページ | 牛肉と里芋 »

2005年12月15日 (木)

イメージ先行料理

二日前の「イカと野菜のドレッシング炒め」の時にちょっと触れました、新潟にあるらしい「イタリアン」という食べ物。調べてみると、中越、下越あたりで売られているミートソースがかかった焼そばのことであることが判明しました。

イタリアン(新潟) (フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)より)

新潟市の甘味喫茶「みかづき」のオーナーである三日月晴三さんが、1960年頃、ソース焼そばにイタリアンスパゲッティのイメージを取り入れて作ったものだそうです。見た目、かなりジャンキーです。新潟のコンビニには地域限定で「イタリアン焼きそば」「イタリアン風焼きそば」なんてものも売っているそうです。「みかづき」のファンサイトまでありました。

「みかずきふぁん」

しかし、新潟出身の職場の女性に聞いたところ、あまり美味しくはなかったそうです。お母さんが、ご飯を作るのが面倒だった時に、スーパーの売店で買って来て食べたりしたそうなのですが、お母さんの作るスパゲティの方が遥かに美味しかったとか。まあ、そんな気は見るからにしますが、とりあえず新潟では有名なもののようですね。中越、下越あたりには、数回行ったことがありますが気が付きませんでした。

ところで、ちょっと古風な喫茶店に行くと「スパゲッティナポリタン」があります。あれもまったくイタリアには関係なく作られたものとのこと。イタリアのナポリに行ってもあのようなパスタ料理はないそうです。中国の天津に天津甘栗や天津丼が無いのと同じですね。こう考えると、この他にも、その土地の料理には無いが、イメージ先行で作られた料理というのは他にもありそうです。

カナディアン、モンゴリアン、メキシカン、アメリカン、ジャーマン・・・
アメリカンではアメリカンコーヒーがありますね。けれども、NYに旅行した時にスタンドで買ったコーヒーは、日本で飲むアメリカンコーヒーを更に水で薄めたようだったのでイメージそのままでしょうか。
カナディアンはアイスか何かなかったかな?
モンゴリアンは、料理じゃないけどモンゴリアンチョップを思い出します。プロレスは見ないので分かりませんが、少なくともモンゴルの人はあんなチョップをしていないでしょう。ちなみに、プロレスラーの高田延彦さんがプロデュースするジンギスカンのお店で「モンゴリアンチョップというのがあるようです。最近流行りのジンギスカンも、北海道生まれらしいので、イメージ先行料理ですね。
あと思いつくところで、沖縄には沖縄そばを使った「沖縄ナポリタン」があるそうです。家から近い沖縄料理のお店で食べました。
そういえば、子供の頃、カステラの間に羊羹をはさんだ「シベリア」というお菓子が有った気がします。あれはなんでシベリアだったのだろう?
フレンチトーストはやっぱり海外でもフレンチトーストなんだろうか?すくなくともフランスでは言わないだろう。あと、スパニッシュオムレツとかは?

こんなふうに、もっと探せば他にもありそうです。逆に、海外では「サムライ」とか「フジヤマ」とか呼ばれている日本食風の変な食べ物があるかもしれません。どなたかご存知なら教えてください。

|

« 鳥肉とスナップエンドウ | トップページ | 牛肉と里芋 »

コメント

初コメントです。
吉成、寒くても元気そうだね。雪の中、庭駆け回ってそうだね。
それはそれとして、トルコライスもイメージ先行料理かなぁ。
あと、前にサンフランシスコで聞いた話ではSake Bombという飲み物があるそうです。
ただ単に、ジョッキに注がれたビールに日本酒の入ったお猪口を爆弾投下するそうです。
アメリカ人って・・・orz

投稿: 侑 | 2005年12月16日 (金) 11時05分

「ジンギスカン」は鍋の形がモンゴルの兵士に似てることから勝手につけたという「トリビア」を見たことがあります・・・・・・たしか

このての話はけっこういろいろあって、
日本の「回鍋肉」はほんとの「回鍋肉」ではないとか・・・・

イメージっておそろしいですね

投稿: (T_T)太郎 | 2005年12月16日 (金) 11時49分

侑、いつも見てくれているようだが、初コメントサンキュー。ところで、トルコライスって何?聞いたことがないのだが。
お猪口落とすぐらいでよかったよね。水風船に酒詰めて投げられたりした日には、イケナイ発言をいっぱいしてしまいそうだ。

(T_T)太郎さん
ジンギスカンの話しは、トリビアの泉の中の「ガセピア」のコーナーで紹介されていました。緒川たまきさんの「うそつき」にタモさん興奮していました。

投稿: 吉成 | 2005年12月19日 (月) 12時59分

トルコライスはとんかつ、ナポリタンスパゲティ、ドライカレーをワンディッシュにまとめた変な
洋食メニューです。

ググるといろいろ出てきます。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9&lr=

投稿: 侑 | 2005年12月19日 (月) 16時28分

見てみた。うーん、ジャンキーだ。なんでトルコなんだろう?調べてみると、
・ピラフが中国、スパゲティはイタリアを、その上をトンカツという橋で掛けた東西の接点トルコを意味している。

・長崎のトルコライスができた昭和三十年代「トルコ」を付けるのが流行していた。

・「トリコロール」という名の洋食屋が最初に始めた「トルコライス」が広がった。

の3つの説があるようだ。2番あたりが怪しいが、3番も捨てがたい・・1番はこじつけのような・・

投稿: 吉成 | 2005年12月21日 (水) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107612/7640526

この記事へのトラックバック一覧です: イメージ先行料理:

« 鳥肉とスナップエンドウ | トップページ | 牛肉と里芋 »