« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

鳥肉と根菜

今日は鳥肉と根菜の煮物、卵焼き、ブロッコリー。大根、里芋、ゴボウ、ニンジンを使っています。普通に醤油、酒、ミリン、砂糖で煮ています。
シャトルシェフで前日仕込み。朝が楽でした。d1000037.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

西京漬け焼きとレンコンキンピラ

今日はサーモンの西京漬け焼き、レンコンキンピラ、卵焼き、ブロッコリー。西京漬けがスーパーで安く売っていたので買ってみました。西京漬けだけに、最強和風弁当。あっ、つまらないですか・・・
最強と言うとどっかのラーメン屋のプリンのように行けるかと思いまして。深い意味は無いです。捨て置いてください。オヤジの戯言です。d1000036.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

鳥肉とホワイトブナシメジ

今日は鳥肉とホワイトブナシメジの炒め物、卵焼き、ほうれん草。ブナピーです。初めて使ってみました。説明書にクセがなくツルンとした食感と書いてありましたが、その通りでした。見た目はでっかいエノキ茸ですね。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、胡麻油、一味唐辛子。
最近は子供がキノコをよく食べるようになったらしいですが、それはあのCM曲のおかげだとか。そのせいか、スーパーに行くと色々な曲が各売り場にかかってますね。コロッケ、納豆、野菜は聞いたことがある気がします。あとなんかあったかな?d1000035.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

料理教室

今日は東京ガス新宿ショールームで実施された料理教室に妻と行ってきました。テーマは「こだわりの酒の肴」。メニューはコチュジャン風味のイカ大根、カリカリじゃこと水菜のサラダ、おびてん、春菊ごはん。
イカ大根は内臓と一緒に煮てあり、コクのある煮物。水菜のサラダは、ドレッシングに柚子コショウとナンプラーを使ったちょっと変わった風味のサラダ。おびてんは鯵や豆腐、ゴボウなどをスリバチで擦って揚げた物。宮崎県の郷土料理のようです。春菊ご飯は春菊の葉に熱い胡麻油、醤油などをかけてご飯と混ぜてます。春菊を使っているのでクセが強いかと思いましたが、胡麻油の風味がよく合っていました。
どれも美味しく、いくつかは次回開催される家での宴会時に早速再現するでしょう。
こういう単発の料理教室へ、たまに妻と行くことがあるのですが、メニューの内容によっては結構タメになります。東京ガスだと「ピピッとコンロ」。東京電力の料理教室だとIHクッキングヒーターが使えます。どちらもとてもいい物で、どちらかを家に導入したいです。
東京ガスさん、東京電力さん。手を取り合ってIHとガスの両方使えるハイブリットタイプ出してください。買いたいです。d1000034.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

夕飯

カワハギは、ハーブ入りパン粉焼き、煮付けになりました。これは妻が作成。捌いて刺身にするのは私の仕事。肝は醤油をかけて肝醤油にして刺身といっしょに行きます。メインは餃子鍋でした。d1000033.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

身だけになりました。

カワハキは身だけになってもらいました。あと肝もあります。刺身で食べるか、薄く切ってシャブシャブを肝醤油で食べるか。煮付けでもいいなあ。d1000032.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獲物

昨日は熱海に一泊。今日は釣りに行きました。竿も餌も付いているお手軽船釣り。2時間半ほどで何匹かのカワハギが釣れました。もちろん「CATCH AND RELEASE」でなくて、「CATCH AND EAT」です。捌いて身だけになってもらいましょう。d1000031.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

オニギリとリンゴ

今日の弁当はオニギリ3個、ゆで卵、リンゴ1個。別にどこかに弁当箱を忘れてきたわけではありません。今日は夕方から職場の忘年会で熱海に向かいます。食べ終わった弁当箱を旅先に持って行くわけにもいかず、弁当箱要らずのメニューです。オニギリの中身はアンダース、おかか、梅シソ。随分前に同じくオニギリだったことがありますが、あのときは2合で3個分。大きすぎたので、今回は1.5合で3個分。あまり変わらないですかね?私の手が大きいせいでしょうか。d1000030.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

鳥肉とレンコンのナンプラー炒め

緊急メンテナンスなのかアクセス出来ず、やっと更新です。

今日は鳥肉とレンコンの炒め物、卵焼き、ブロッコリー。味付けはナンプラー、ミリン、酒、砂糖。タイ料理なんて滅多に作らないので、昨日使ったナンプラーの残りを消費してみました。魚醤というだけあって、鰹ダシの利いた塩味とでもいいましょうか。なかなか美味しいです。ちなみに、ナンプラーだけだとクセが強いので、ナンプラーとミリンは同量ぐらい使っています。d1000029.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

カルピスグリーンカレー

「長芋カルピス」「カルピス豚角煮」と使ったカルピス原液ですが、まだ残っていました。夏なら飲んで消費すればいいかーとなるのですが、寒くなってきましたのでまったく消費されず。それじゃあ何か別な料理は出来ないかと考えた結果、ココナツミルクの代わりにカルピスを使ってみたらと思って挑んでみました。タイ料理のグリーンカレー。「カルピスグリーンカレー」です。

使用した材料は鳥肉、茄子、シメジ、赤パプリカ、オクラ。あと、パクチー、グレーンカレーペースト(50g)、レモングラス、ナンプラー(大さじ2杯)、水(200cc)。そして忘れてはいけない、カルピス(原液400cc)です。

出来上がりはまずまず。最初の口当たりが結構甘かったです。けど、流石はグリーンカレー。口周辺がヒリヒリするぐらい辛い。甘さを感じたあとの鮮烈な辛さ。なかなかいいんじゃない。ココナツミルクの代わりになるな・・・

なーんて、思ったのですが、食べ進めると甘さがしつこくてどうもいけない。それに、ご飯が普通の日本のお米なので粘りがあり、これが更にしつこさを強調。おまけに、いつものカレーのようにご飯にかけてしまったので、最後の方はさらに甘さが増した感じがしたのです。スープ的な位置づけで少し食べる分には美味しい。しかし、ご飯とはちょっと厳しかったです。実際、妻も一口目は美味しいと言っていたのですが、最後は不評でした。

ひとまずこれでカルピス原液はすべてなくなりました。3種類作ってみましたが、とりあえずカルピス豚角煮は普通に美味しかったです。あとの二つは、うーん微妙・・・と言ったところでしょうか。やはり、カルピスは普通に飲むのが一番いいのではと思うのでした。

D1000028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

タラと里芋

今日はタラと里芋の炒め物、卵焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリン、砂糖、胡麻油、一味唐辛子で味付け。今日は妻は弁当無し。一人分なので卵焼きで量を調節。里芋は下茹でしてヌメリをとっています。d1000025.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

豚肉とアスパラ( とカルピス)

今日は豚肉とアスパラの炒め物、卵焼き、ブロッコリー。味付けは先日作成のカルピス豚角煮の煮汁とケチャップ。ニンニク醤油とケチャップですが、一応カルピス入りですね。ただのニンニク醤油を使うより甘い目。スパゲティーナポリタン風かな。
改めて考えると、カルピス豚角煮は普段やる角煮より柔らかい仕上がりだったような気がします。乳酸菌のパワーか、それともシャトルシェフのおかげか。もう一度やってみれば分かるかな?仲間集めて宴会やる時にでも検証してみよう。d1000023.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

カルピス豚角煮の作り方

恐らく挑む人はほとんどいないとは思いますが、一応昨日作った「カルピス豚角煮」の作り方です。
というのか、こうやって作りましたというべきか?

材料は以下の通り。

  • 豚バラ肉のブロック 約350g
  • ニンニク 2片
  • 濃口醤油 400cc
  • カルピス原液 200cc
  • ミリン 100cc
  • 水 1200cc

作り方は以下の順です。

  1. 豚バラ肉を40分ぐらい茹でる。
  2. 茹でた豚バラ肉を別の鍋に入れ、調味料を入れて煮る。
  3. アクを取りながら20分ほど煮る。

私は煮るのにシャトルシェフという保温調理器を使ったので、20分ほど煮た後に2時間ほど保温調理しました。弱火で煮続けたのと同じ感じになります。以上で出来上がりなのです。

普段、チャーシューを家で作るときは、煮汁を保存しておき、次回作るときにその煮汁へ調味料を足して作っています。しかし、今回の物は保存しておくかどうか迷っています。美味しかったですが、もうカルピスで作ることはないだろうしなあ・・・

ついでに、カブの浅漬けの作り方

材料はカブ、醤油、酢、ニンニク、ラー油。カブは皮を剥かずに適当な大きさに切ります。切ったカブを密閉できる容器に入れ、ニンニクを細かく切ったものも一緒に入れます。そこへ、醤油と酢を1対1の量でカブが浸るぐらい入れます。ラー油を数滴入れて一晩か二晩冷蔵庫に保存しておけば出来上がり。簡単でとても美味しいです。

知り合いの方(女性)のお姉さんに教えていただきました。その知り合いの方も、お姉さんもお酒の好きな方で、二人とも酒に合いそうな肴をよく作るようです。酒好きにありがちな傾向ですね。いいことだ。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

カルピス豚角煮

今夜は家で妻と一杯。酒の肴はカルピス豚角煮、カブの浅漬け、なんちゃってカラスミ。先日作った長芋カルピスに使用したカルピス原液が残っていたので、オリジナルのカルピスメニューに挑んでみました。普段角煮やチャーシューを作るときには、我が家では甘さとしてザラメを入れるのですが、代わりにカルピス使ってみました。ザラメだとトロりとしたコクのある甘味がつくのですが、カルピスだとサッパリとした甘味がつきました。作成中はもっと酸味がつくかと思ったのですが、煮込むと酸味もカルピスの香りも落ち着き、予想より美味しくなりました。なかなか行けます。
酒は茨城県の太平海吟醸びん囲い。香りよい美味しい酒です。d1000021.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

昼ご飯

今日の昼ご飯はセンチュリーハイアット内の「おんぼらあと(だったかな?)」にて食べる事になりました。私が選んだのは写真の「ちらし膳」1900円。5種類の刺身とちらし寿司。それに、汁物、お浸し、茶碗蒸し、香の物。あとデザートも付きます。なかなか美味しかったです。いい刺身でした。まあ、正確に計算したことないので分かりませんが、いつもの弁当の5〜8倍の値段だけのことはありました。たまにはこういうのもいいかもしれませんが、昼休みで行くのは時間が厳しくて落ち着かないですね。d1000015.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和の朝ご飯

今日は職場の人に、たまにはリッチなお昼をどこかへ食べに行こう、と言われ弁当は無し。別にゴチというわけではないのですが、たまにはいいか。
ついでに、今日は妻も弁当不要。しかし、いつも通りに目が覚めてしまいました。で、朝私はパン、妻はご飯と納豆、弁当オカズの一部な我が家ですが、朝ご飯をしっかり作ってみました。
ご飯、ミョウガとワカメの味噌汁、焼き鮭、納豆、卵焼き、カブの浅漬けです。旅館朝ご飯な感じです。鮭焼いて、卵焼き焼いて、味噌汁作るぐらいですが弁当より面倒ですね。カブの浅漬けは昨日書いたラー油使用メニュー。昨夜漬けました。d1000014.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

鳥肉とカボチャ

今日は鳥肉とカボチャの炒め物、卵焼き、ブロッコリー。彩りに赤パプリカも入ってます。味付けは醤油、酒、ミリン、砂糖、ラー油。ラー油の独特の風味と辛味がカボチャに合います。
我が家では結構使う調味料の一つ。ラー油とニンニクと醤油を使ったカブの浅漬けなんかを作ったりもします。d1000013.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

牛肉と空芯菜

今日は牛肉と空芯菜の炒め物、卵焼き、ほうれん草。中華料理で出てくる空芯菜が近所のスーパーで売っていたので買ってみました。シャキシャキした食感がいいです。
群馬県、あれ?茨城県産だったかな?中華に使われる野菜ですが国産でした。味付けはオイスターソース、醤油、酒です。なんとなく中華風。d1000012.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

どちらが先でしょう?

以前、とてもどうでもいい疑問が起こったことがあります。それは・・・

ご飯を先に食べるものなのか、おかずを先に食べるものなのか?


「そんなのどっちでもいいじゃねーか」と言われればそれまでなんですが、他の人はどうなんでしょう?

私はおかずを食べる。そのあとご飯を食べる。この順番です。人によってはご飯がメインなんだからまずご飯を食べる。それからおかずと言う人もいるかもしれません。もしくはおかずをご飯の上に乗せて一緒に食べるという人もいるかも。厳密にいうと、おかずを飲み込んでからご飯を食べるのか、おかずを少し噛んだ所にご飯を食べるのかというのも疑問の一つです。私は、多分おかずを少し噛んでからだと思います。けど、そうすると口に物入れている最中に開くわけで、マナー的にはいいのか?という疑問が更に起こる。ご飯は美味しい。おかずも美味しい。けど、合わさるともっと美味しい。そういう状況下では、やはり少し噛んでおかずの味を味わう。そこにご飯が入って更に美味しくというのが、私としてはいいなあと思うのです。

同じような疑問に、酒の肴と酒はどのタイミングで味わうか?というのが酒好きの間で話題になったことがあります。これも人それぞれで、どちらかというと酒が後というのが多いのですが、ほぼ一緒、又は飲み込んでから酒かで意見が対立しました。前者は酒の味が肴の味を広げるといい、後者は肴の味の余韻を酒で引き立たせるという。他にも意見は色々出ていたかと思いますが、私は前者のほぼ一緒派です。

いや、まあ、好きにすりゃいいのですけどね。別にどちらが正統派だとか、マナー的にどうとか言う気はありませんし。ただなんとなく思い出して考え直してしまったもんで・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

鮭の竜田揚げ

今日は鮭の竜田揚げ、ゆで卵、ブロッコリー。竜田揚げと言っても、片栗粉をまぶして、普通に炒める時の油より多めの油で炒めてます。衣がカリッとしてきたら、余分な油は拭き取り味ポンを投入。あとは少し揺すりながら炒めて出来上がり。麺ツユでもいいんですが、味ポンの方が酸味が有って好きです。d1000011.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

「なんちゃってカラスミ」の作り方

作り方を教えてとコメントがありましたので、「なんちゃってカラスミ」の作り方です。

用意するものは蓋ができる容器(プラスチックのタッパなど)とキッチンペーパー。材料は生タラコ、赤味噌、ニンニク、味醂、酒。それぞれの量なのですが、私も毎回適当にやっていますので、正確なものが分かりません。毎回やるときは、大体、タラコが4本に対して味噌が300gぐらい。それにニンニクが2片と、味醂、酒がそれぞれ大サジ1から2杯程度だと思います。
作り方の手順は以下の通り。

  1. ニンニクを微塵切りにして味噌に混ぜまる。味醂と酒を入れて味噌を柔らかくする。
  2. 容器の底に味噌の半分を敷き詰める。味噌の上にキッチンペーパーを敷いてタラコを乗せる。
  3. タラコの上からキッチンペーパーを被せて、その上から残りの味噌をタラコを覆うように乗せる。
  4. 蓋をして10日間ほど冷蔵庫内に保存。
  5. タラコを取り出して乾燥。

キッチンペーパーで挟まれたタラコを味噌でサンドする形になります。直接味噌に入れてもいいですが、タラコの周りに味噌が付いてしまい、洗い流すわけにもいかないので大変です。乾燥は、室内でも外でもよく、容器に入れてホコリがかからないように紙で蓋をするとか、キャンプの時などに使う食器の乾燥網などに入れて吊るしておく方法があります。乾燥の度合いによってしっとり柔らかいものから、硬いタイプまで色々出来るようです。私は室内で3、4日ほど乾燥させたら冷蔵庫に入れてしまうので、しっとりタイプで食べています。どのぐらい持つのか、どのぐらいまで乾燥できるか等は不明なので、早めに食べた方がよいと思います。

もともとこの「なんちゃってカラスミ」ですが、新宿にある香名屋という蕎麦屋の店主に教えてもらいました。そこではかなり乾燥したものを食べさせてもらいましたが、そちらも独特の風味が出て美味しかったです。一度豆腐の味噌漬けなんてものも食べさせてもらったことがあるのですが、それもなかなか美味しかった記憶があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋刀魚と根菜の煮物

今日は秋刀魚と根菜の煮物、切り干し大根煮、卵焼き、ほうれん草。レンコン、大根、人参を使ってます。
奥に写っているのは、初登場の妻弁当。弁当を人に見られるのは恥ずかしいとの理由で、今まで撮影を拒否されていましたが、弁当箱を変えたので本日に限りOK出ました。私と違ってご飯は真っ白でなく梅干し入り。デザートに先日土産で貰ったプリンが付いてます。作るのは私ですが、詰めるのは自分でやってもらってます。d1000010.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

なんちってカラスミ

今日は大塚にあるダッチオーブン料理の店「GAUCHO」に行ってきました。キャンプ以外で、野菜や肉の旨味が感じられる料理が食べられるのは感動的でした。また行こう。
そしてただいま追い飲み中。今夜の肴は自家製のなんちゃってカラスミ。カラスミはボラの卵巣の塩漬けですが、これはタラコの味噌漬け。ニンニクの微塵切りを入れた赤味噌をミリンと酒で延ばし、タラコを10日程漬けます。取り出して、良く乾かしたら出来上がり。何となくカラスミぽい味なんで「なんちゃってカラスミ」と呼んでます。酒によく合うんですよ。細かい作り方はまたいずれ。さー週末だー!d1000007.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

ムツとゴボウ

今日はムツとゴボウの炒め物、卵焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリン、砂糖、一味唐辛子でキンピラ風です。
寒くなるとメニューにキノコとか根菜使った物が増えますね。美味しいし、安いし。d1000005.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

豚肉と大根

今日は豚肉と大根の炒め物、卵焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリンにトウバンジャン。ニンニク少し使ってます。最初に少しニンニクを炒めて、そこへ豚肉を入れて炒めます。豚肉が大体炒められたところで、下茹でした大根と人参を投入。少し炒めたところで調味料を入れてよく絡めたら出来上がり。砂糖入れなかったのでニンニク風味のピリ辛炒めですね。ニンニクは、油に香りがついたら取り出す、又は醤油に漬けこんでニンニク醤油として入れてもいいです。その方が香りがキツくならないでしょう。d1000004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

鳥肉と山伏茸

今日は鳥肉と山伏茸の炒め物、卵焼き、ほうれん草。先が白くフワフワした山伏茸ですが、初めて使ってみました。どう味付けしようか迷いましたが、困った時の美味しく簡単生姜炒め。見た目、何処が鳥肉で何処が山伏茸なんだか解りにくいですね。フニッとした食感が他のキノコとは違った感じでした。網で焼いて醤油をちょっと、のような食べ方の方がいいかもしれません。
随分前に、あるあるだったと思いますが、山伏茸が何かにいいと言っていた記憶があります。何だったかなー。多分、ダイエット、悪玉コレステロール、疲労、若返りなど、そのへんの何かでしょう。d1000003.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

鮭とレンコン

今日は鮭とレンコンの炒め物、ヒジキの煮物、ゆで卵、ブロッコリー。醤油、バター、酒、黒胡椒で味付け。今日は妻が弁当不要だったので一人分。
ヒジキは妻が調理。昨日沢山作って残っていたもの。ヒジキの他、コンニャク、人参、油揚げ、鳥肉などが入ってます。味がしみて旨いです。d1000002.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

牛肉と長芋

今日は牛肉と長芋の炒め物、卵焼き、ブロッコリー。醤油、酒、ミリン、砂糖、トウバンジャンで味付け。長芋は下茹でして表面のヌメリを取っています。
昨日作った長芋カルピスの残り長芋使用。長芋は炒めてもシャクシャクした歯ごたえが美味しいです。d1000001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

長芋カルピス

先日「カルピコ」について書きましたが、カルピスを販売している「カルピス株式会社」。こちらのページでは「カルピスカフェ」というページがありまして、カルピスを使った色々な料理のレシピが出ています。

レシピは、ソフトドリンク、カクテル、デザート、クッキングの4つに分かれていて、それぞれにカルピス、カルピスバター、又はそれ以外のカルピス社製品を使用したレシピが写真入りで紹介されています。例えば、ホット抹茶カルピスとか、ウイスキーカルピスカルピス水羊羹カルピスマカロニグラタンなんてのもあります。

料理では「これにカルピスを使う?」と、結構意外な組み合わせが色々出ていて驚かされるのですが、ソフトドリンクでも「本当に美味いのか?」と疑問に思える組み合わせがありました。その名も「長芋カルピス」
作り方は摩り下ろした長芋80gにカルピスを50cc。これをミキサーにかけて氷の入ったグラスに注ぐ。これだけ。
実際に作ってみました。

飲んでみた感想は、「ドロッとしたカルピス」、でした。長芋自体がそれほど主張するような味の食品じゃないので、カルピスの味に隠れて食感のみのこります。ゼリー飲料のような感じとでもいいましょうか。不味くは無いのですが、特別すごい美味しいというものでもありませんでした。「本当に美味しいの?」という検証ページが同じところに作られているぐらい意外な組合わせだけに、もっとすごいのを想像したのですが割りと普通です。正直なところ、「カルピスは普通に飲んだ方が美味いでしょう」と思いました。

訂正:材料に水100ccを入れるのを忘れていました。ドロッと感は弱くなると思いますが、味はあまり変わりないと思います。(2005.11.7)


D1000287

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

モルツ プレミアム

明日は午後から会社に行かないといけないので、今夜は家で一杯。別に仕事というわけでなくて、オフィスの引越しの手伝いなんですけどね。
写真は今夜のご飯。妻は仕事が押してしまい、帰りが遅くなったので私が調理。鯖味噌、根菜の汁物、男前豆腐。汁には鳥肉、人参、サツマイモ、カボチャ、玉ねぎ、ほうれん草が入ってます。あった野菜色々。鰹ダシの醤油味。
普段我が家ではハートランドビールをケース買いしているのですが、今夜は最近気になっていたモルツプレミアム。濃くて香りが強いですが後味スッキリ。美味しいビールですね。けど、食事最中にちょっと飲むビールとしてはやや濃すぎるかも。私はハートランドが好みです。
さてと、これからは明日に響かない程度に日本酒タイムと・・d1000285.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥肉とジャガ芋

今日は鳥肉とジャガ芋の炒め物、卵焼き、ブロッコリー。醤油、砂糖、酒、一味唐辛子、胡麻油で味付け。ジャガ芋を沢山もらったのでジャガ芋メニュー。味付けとジャガ芋の量から言って、ジャガ芋と人参のキンピラ鳥肉入りと言った方がいいかもしれません。d1000284.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

豚肉と山茶茸

今日は豚肉と山茶茸の炒め物、卵焼き、ほうれん草。何かヤキソバのようにも見えますが、近所のスーパーで安く売っていたので買ってみました。最近はブナピーとか山伏茸とか色々なキノコが出回ってますね。裏の説明書きには野性のエノキ茸のような味とありましたが、若干甘味とシャキシャキ感が強いか?という感じはあるもののエノキ茸ですね。味付けは無難に生姜炒めで。d1000283.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

牛肉と里芋

今日は牛肉と里芋の炒め物、卵焼き、ほうれん草。醤油、酒、ミリン、砂糖、一味唐辛子で味付け。里芋は下茹でしてます。炒めただけでは、なかなか中まで火が通りません。d1000282.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »